尾形まり花

Last-modified: Wed, 05 Feb 2020 11:43:21 JST (121d)
Top > 尾形まり花

尾形まり花は、駿台予備学校現代文科講師。2号館,池袋校,立川校に出講。

経歴 Edit

  • 1971年生まれ。
  • 千葉大学大学院社会文化科学研究科*1後期3年博士課程修了。
    • 博士(文学)(千葉大学、2007年度)。
    • 博士論文「私的言語はどのように不可能であるのか : デイヴィドソン的外在主義から」
    • 専門は分析哲学、倫理学。
  • 元 千葉大学大学院人文社会科学研究科*2特別研究員(2012 – 2015年度)。
    • 研究分野は哲学・倫理学。
  • 千葉大学非常勤講師。

授業 Edit

  • 師の授業は一見遠回りなため早々に切ってしまう生徒が多く見受けられる。
    • が、人数が少なくなるほどinteractiveな授業が展開され、生徒の現代文の力を飛躍させると評判である。
  • また、授業が後半になるにつれ生徒が減って行くことを師は「選別」と呼ぶ。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

人物 Edit

  • 実力は霜栄をも凌駕すると言われる隠れた名講師。
  • 誤字脱字が非常に多い。
    • 本人も気にしてる模様。
  • 時々、意味が分からない発言をすることから「ガンギマリ花」「マリハナ(ファナ)」とも呼ばれている。
  • 毎年最後まで残る生徒の学力は凄まじく、旧帝早慶上智大への合格率は85%を越えていた。
  • センター試験が近い場合は心構えや、残りの時間の使い方を教えてくれるため生徒に安心感を与えてくれる。
  • 来年度からは現代文レボリューションに対抗して、インタラクティブ現代文を開講しようかと冗談をおっしゃっていた(近いうちに本当に企画書を出す模様)。

ーー

Amazon




*1 現・人文公共学府
*2 現・人文公共学府