山崎春之

Last-modified: Mon, 14 Oct 2019 01:35:26 JST (56d)
Top > 山崎春之

山崎春之(やまざき はるゆき)は、第二代駿台予備学校理事長。学校法人駿河台学園理事長。学校法人駿河台大学名誉総長。

経歴 Edit

  • 1926年、出生。
  • 1948年、明治大学商学部卒業。
  • 1952年、駿河台学園理事長代行就任。
  • 1964年、駿河台学園理事長兼学園長就任
  • 1968年、駿台文庫代表取締役社長就任。
  • 1985年、藍綬褒章受章。
  • 1990年、学校法人駿河台学園駿河台大学理事長兼総長就任。
  • 2006年、駿河台学園理事長・駿台文庫代表取締役社長退任。
  • 2007年、学校法人駿河台大学名誉総長就任。
  • 2010年、死去。

人物 Edit

  • 先代の駿台予備学校理事長である。
  • 父・山崎壽春師とは異なり、経営者として駿台に関わった。
    • ビジネスマンとして昭和末期の経営に辣腕をふるい、専門学校併設、全国区・世界規模の展開、そして壽春師の悲願であった大学開設を成し遂げた。
    • その独裁的な経営ぶりから「皇帝」「天皇」とも称された。
  • 現理事長・山崎良子氏の夫である。

ーー

Amazon