山崎壽春

Last-modified: Wed, 21 Apr 2021 21:30:53 JST (15d)
Top > 山崎壽春

山崎壽春(やまざき としはる 1878〜1964)は、日本の教育者、英文学者。駿台高等予備学校(駿台予備学校の前身)創設者。

経歴 Edit

  • 東京外語学校卒業。
  • 元 明治大学教授。
  • イェール大学、ハーバード大学に留学し、英語学、英文学を学ぶ。
  • アーマスト大学卒業後、ハーバード大学を経て、エール大学の大学院でM,A.(マスターオブアーツ)を取得。
  • 元 駿台高等予備校講師。
  • 元 駿台高等予備校校長

人物 Edit

  • 日本最初の受験英語雑誌と推定される『受験英語』の主筆(1916年9月1日創刊)。
  • アーマスト大学卒業後、ハーバード大学を経て、エール大学の大学院でM,A.(マスターオブアーツ)を取得して帰国して駿台を創設した。
  • 駿台の「駿」とは日本の秀英を集め、研鑽するという意味が込め名付けられたそうだ。
  • 自らも駿台高等予備校講師であり、担当は「英語」全般、肩書は「マスターオブアーツ」だった。
  • 駿台高等予備校校長
  • 長男は日本通運取締役などを歴任した山崎章氏、次男は旧国鉄で建築課長を歴任した山崎兌氏、三男は駿台二2代目理事長の山崎春之氏。

ーー

Amazon