スプリーム総合化学・スプリーム総合化学完成

Last-modified: Fri, 28 Sep 2018 10:45:40 JST (17d)

沖暢夫のオリジナル講座

設置校舎 Edit

お茶の水校市谷校舎

担当講師 Edit

沖暢夫

テキスト Edit

  • レベル8-9 (本当はレベル8-13程度だが、9までしか載せられないため)
  • 主に旧帝や医学部、早慶の過去問を中心に構成されている。
  • 講義問題とEtude(=自習問題)の2段階で構成されている。
    • 講義問題には解答が、Etudeには解答解説が掲載されている。
    • 過去にはPrelude(=例題)、講義問題、Etudeの3段階で構成されていた。
  • 問題の質は非常にいい。特にEtudeは物理・化学・生物の分野をまたがるような非常に面白い問題が豊富である。
  • 本人も難しいことは承知でテキストを作っている模様。

夏期講習 Edit

スプリーム総合化学

授業 Edit

  • パンフレットでは大人の事情によりCORE講座となっているが、実質的には沖暢夫師のオリジナル講座である。
    • というか沖師の講座は基本そう。
  • レベル8-9(13)という超実力者向けの講座。これを超えるものは既に廃止となった最上級の英文読解くらい。
    • 駿台全国模試で偏差値が少なくとも60以上でない人はこの講座を取るべきではない。師は講座を取った生徒の化学の偏差値を確認しているようで、年々平均が下がっていると嘆いておられた。
      • 開講初年の受講者の平均偏差値は68であった。
    • 逆に化学が好きでたまらない人や志望進路が化学系の人には最適。受験化学のさらに先を見ることが出来る。
    • 例年沖師の信者とSXの生徒が集まる。
  • 理論・有機・無機の全範囲を余すことなく網羅している。逆に有機・無機をまだやってない高卒生にとってはちょっと厳しい。
    • なお夏期の段階で化学の全範囲に触れられるのは本講座のみである。

冬期講習 Edit

スプリーム化学総合完成

授業 Edit

  • 夏期講習と概要は同じである。ただし、夏期よりもアウトプットを重視する。
  • 冬期講習の中で最上レベル。