医系・理系の古文

Last-modified: Mon, 15 Jul 2019 15:30:12 JST (93d)
Top > 医系・理系の古文

秋本吉徳のオリジナル講座

設置校舎 Edit

お茶の水校横浜校

テキスト Edit

  • 【一】~【六】
  • 付録1 古典文法主要事項
  • 付録2 通釈
  • 付録3 復習用本部再掲

授業 Edit

  • レベル:1〜6
  • 理系・医系の受験生で、古文をあまり(あるいはまったく)学習してない人向けとうたわれている講座。
  • 師曰く学校で授業がない現役生などがセンター直前期に古文をやり始めても間に合わないので今のうちに基礎力を養成しようという狙い。(実際そういう生徒が多かったため作ったらしい。)
    • 古文への意識が低い理系生徒を鍛え、答案作成の重要性を実感させるために問題は全て記述式にしているという。
  • 最初にふれたとおり、講座名に理系・医系生のためにとあることからもわかるが、秋本師の講座としては珍しく、理系で古文をあまり(あるいはまったく)学習してない人向けに、古典文法の基礎の基礎(接続や動詞・助動詞の活用など)から授業を始める講座。
  • ただし、時間をかけて古典文法の解説に終始することはなく、最終的には入試問題の解説にいたる。
  • なので、理系だけでなく基本から確認しなおしたい文系の人も受講できるが、そういう人には同じ秋本師の読める古文という講座もあるので、無理にこの講座をとることは勿論ない。
    • なお、読める古文よりもこちらの方が難易度は低めである。
  • また、超初級レベルから4日間で生の入試問題まであつかう講座なので、分かりやすく教えてはくれるが、古文は勉強してなくてもある程度の理解力はあるような生徒でないと、ついていけないかもしれない。
  • 秋本師は毒舌だが生徒をつきはなすようなことはしないので、受講していてこまったりわからないことがあれば質問するとよい。

ーー

Amazon