天然有機物と合成高分子化合物

Last-modified: Tue, 31 Jan 2017 21:11:11 JST (84d)
  • レベル:

設置校舎 Edit

お茶の水校池袋校仙台校

担当講師 Edit

授業について Edit

直前二期 Edit

  • テキスト作成者は、2015年度からは淵野英俊。2014年度までは星本悦司
  • 星本師曰く、「結構無茶なテキスト」。
  • 2日間講座。但し、4コマ×2日=8単位。
  • テキストは2冊配布され、計500ページにも及ぶ。
    基礎事項の説明と基本例題、演習問題、自習問題と本当に盛りだくさんの講座。
  • 2014年度から新課程入試導入により、別冊付録の大部分が削除され、問題量は落ち着いた。
  • 問題量は非常に多いが、全てをこなしてもらおうと思っている訳ではなく、必要とする人を想定してテキストは編纂されている。最低限こなして欲しい問題は基本演習、演習問題に入れてあるそうだ。志望校にもよるが、基本例題と演習問題だけでも上位国公立に対応できる。
  • 夏期の同様講座が講義が中心であるのに対し、本講座は直前期なので、授業は演習問題の解説メインである。基礎事項の説明は殆どないので、夏期・後期の授業で押さえておくこと。但し基礎事項の説明はテキストに載ってあるので不安な人は講習前に自習を。必要な知識は全て手に入るだろう。初学者や現役生向けに詳しく解説してくれているため、高分子の全貌が掴みやすい。
  • 医学部(特に私立医学部、国公立単科医科大学)では特に頻出であり、配点も高い大学が数多いため、テキストに加え各大学の過去問をよく研究することが必要となる。