公開模試試験監督 の変更点

Top > 公開模試試験監督

-駿台模試の試験監督である。教務もいるが大半はアルバイトの大学生。
--首にかけている紐が青ければ教務、赤ければアルバイトであるなんてことはなく、校舎によって色はバラバラ。
-募集は基本的に大学準備講座で行われる。案内の用紙が配布されるので、大学生になった後学生証と写真を持っていけば登録できる。
--その後でも、4月~5月に開かれる説明会に参加すれば登録可能。
--2号館、8号館、市谷校舎などは年中募集している
-自分のできる日程で自由に参加できる。模試の日は丸1日拘束されるが大体日給が1万円ほど手に入る。
--マーク模試の場合は1万5千円程。
-経験回数による昇給制度あり。
-合格の暁にはぜひ登録しよう。
-河合塾の模試監督は一般募集しているが、駿台は基本OBOGが模試監督をしている。
--この実情に対して河合塾は「内輪でやってちゃ緊張感がない」とのこと。暗に駿台を批判しているが、気にすることでもなかろう。
--駿台でも一般募集している場合もある。
--実は駿台でも一般募集している。
--校内生の場合何回も受けてると担当する模試監がお馴染みの人である時もある。