一橋大世界史 の変更点

Top > 一橋大世界史

-担当はお茶の水では渡辺幹雄と松山仁史、立川校では岡留正幸、横浜校では鵜飼恵太
-担当はお茶の水では渡辺幹雄と松山仁史、立川校では渡辺幹雄、横浜校では鵜飼恵太
-日本史とは違い、テスト演習はない。
-一橋の世界史は非常に独特で傾向がはっきりしている。この講座のような的をしぼっての対策は有効である。
-この講座では「一橋世界史 実戦問題のフローチャートと解答・解説」が配布される。テキストのようにつくりはしっかりしている。160ページ以上のボリュームがあり、フローチャートと解説、模範解答例がこれでもかとばかりにかかれている。
正直、実戦模試の解説よりも丁寧である。一橋志望は夏期、直前よりも優先してこの講座を取るべき。