秋山仁 のバックアップソース(No.45)

秋山仁(あきやま じん)は日本の数学者、理学博士。駿台予備学校教育顧問。元札幌校校長、元駿台予備学校数学科講師。

*経歴 [#aae258e3]
-1946年10月12日、東京都武蔵野市生まれ。
-駒場東邦高等学校卒業。
-東京理科大学理学部第二部数学科入学。
-東京理科大学理学部第一部応用数学科卒業(二部から一部に転入)。
-上智大学大学院理工学数学科修士課程(数学専攻)修了。
--偏微分方程式論の南雲道夫から薫陶を受ける。
-ミシガン大学でフランク・ハラリー教授に師事(専攻はグラフ理論)。
-東京理科大学にて理学博士の学位を取得。
--博士論文のタイトルは"Factorization and linear arboricity of graphs"。
-元 日本医科大学助教授。
-元 東海大学理学部数学科教授。
-元 東京理科大学理学部第二部数学科教授。
*授業 [#l9748bbd]
-カリスマ的人気を誇った師であるが、講義自体はプリントを読み上げてるだけという批判もあった。
-簡潔ではあったが、ポイントは抑えており、示される解答は非常に綺麗だった。
-無鉄砲・行き当たりばったりな授業だったこともあるらしい。
--1〜200の整数を範囲とした問題。授業終了間近ながら上手く解けなかった師は突然全ての数字を黒板に書き殴り、答えとなる数字に丸をつけて帰って行ったそう。(齋藤寛靖師談)
*担当授業 [#x984a1f0]
**通期 [#x7f19b31]
-数学B#§1(1988年度)
--お茶の水校3号館・午前部理1α §2は中田義元師。
--お茶の水校市谷校舎・午前部理3α §2は西岡康夫師。
-医系数学
--お茶の水校市谷校舎・医系スーパー
**講習 [#q64c458f]
-数学発想法
-入試数学の背景≪夏期講習≫
-1990年度の夏期講習は4講座担当。
-ジャンル別解法の総整理≪冬期講習≫
**特設単科  [#v821cd79]
-数学講義の決定版(1988年度後期)
-解法のプロセス
**サテネット講座 [#lee09510]
*人物 [#z34cf753]
-%%レゲエ%%数学者(グラフ理論、離散幾何学)。
-算数や数学をやっている人であれば師の名を聞いたことのない人はほぼいない(と思われる)。
-長髪にバンダナという%%小汚い%%極めて独特な風貌をしている。
--名前は知らなくても顔は知っている人も多い(のではないだろうか)。
--一時は、メディアにもよく露出し、「''レゲエ数学者''」と称されていた。
-予備校講師としては、''大学受験数学に「発想法」を取り入れた第一人者''である。
--師の「発想法」はオリジナルではなく、師が翻訳した『''数学発想ゼミナール''』(シュプリンガー・ジャパン→丸善出版)%%の丸パクリ%%がタネ本である。
-駿台時代は、例年、3号館と市谷校舎に出講していた。
--3号館午前部理1α〜東大理系スーパー・A組、市谷校舎午前部理3α〜医系スーパー・A組の年度初講回は、毎年恒例の「秋山の説教」の時間だった。
---特に市谷校舎はもぐりの立ち見客で溢れていた。
-駿台出講時代は、講習会においては「数学発想法」という人気講座を開講していた。
秋山師とともにこの講座を担当していたのが、師の弟子的存在の西岡康夫師であった。
--講習は3限が基本だったが秋山師のは4限になっていた。雑談や激励のためである。
--午前9時20分からの講習が8時20分開始になっていた。
それでも締切になっていた。
--内容は、森共出版から復刊した「発見的教授法による数学シリーズ」(駿台レクチャー叢書、駿台文庫)と同内容であった。
---というより師の講義内容を書籍化したものが同シリーズである。
-高校受験時、師が恋していた女子生徒の後を付いていくために都立西高を目指していたらしいが残念ながら落ちてしまった。
--当時、駒東は都立高の滑り止めであった。
-師自身受験には尽く失敗した経験があり、それでも今の活躍ぶりを見るとある意味受験生に勇気を与えてくれる存在である。
--師の高校時代の落ちこぼれエピソードの一つに、「高校時代、黒板に書かれたlogを10gと勘違いした。」がある
%%が、師の鉄板の持ちネタと思われる%%。
-渡米時代に数学者のピーター・フランクル氏と友好を温める(師の著書の推薦文も書いていた)。
--今は忙しくて会う機会がないいらしい。
-女優の由美かおるさんとの事実婚が報じられていた。
--が、%%案の定%%2017年5月に破局が報じられた。
-母校の理科大ではレジェンドとして扱われているが、神楽坂キャンパス内を普通に歩いているシーンを生徒は何度も見ることになるので、段々その感覚も薄れてくる。 
-駿台出講時代の晩年は、非常に多忙であったため、レギュラーでは市谷校舎の医系スーパーでの「医系数学」くらいであった。
--お茶の水校では、特設単科講座「解法のプロセス」を2クラス担当していた。
-師のサテネット講座やNHK講座をビデオ化した教材が、駿台予備学校通信教育部から発売されていた。
--当時のVHSをDVDに落とした同教材が、師のウェブサイトMathLab Japanで今でも購入可能である
%%ので、転売ヤーにプレミアム価格で掴まされないように%%。
//MathLab Japanへリンクを貼ってください。
-同年代の人気講師長岡亮介師とは、%%事あるごとにお互いを貶し合う%%駿台でのライバルであった。
--「悲しい時は俺のところに来い、うれしい時は長岡のところに逝け。」
--「東大は教室によっては傾斜があってカンニングできる。だから、長岡は受かったんだね。」
--「(講義で長岡師を度々、ネタにしていたら)この前、本気で抗議の電話してきて、嫌んなっちゃう。」
--駿台生にも秋山派と長岡派がいて、「発見的教授法による数学シリーズ」のユーザーと「大学への数学シリーズ」(黒大数)ユーザーとに別れていた。
--しかし、駿台生の学力が下がっていることについては両師とも意見が一致していた。
-師の弟子的存在に西岡康夫師、今野和浩師、西山清二師、代々木ゼミナールの荻野暢也氏がいる。
--師との関係性は不明だが、理科大の後輩の佐々木隆宏師も師から%%パクッた%%インスパイアされた発想法の参考書(いわゆる「発想本」)を出している。
---%%パクリ本とはいえ、%%本家よりもむしろ洗練されているので、師の「秋山数学講義の実況中継」(語学春秋社)をプレミアム価格で買わなくても、佐々木師の参考書で代用できる。
*発言録 [#je4e2f0b]
-「この問題はつまらないので、答えだけ書く。」 
-「この問題は特別にもうひとつの答えを教える。」
-「鹿児島大へ行け。」(東大理系コース最下位クラスにて)
--鹿児島大をバカにしているわけではなく、大学名にこだわらず、さっさと大学へ入れという意味。
*著作 [#wdf8cfdb]
**学習参考書 [#e3929c1a]
-『秋山数学講義の実況中継』上・下(語学春秋社)
--駿台の特設単科の書籍化。
--絶版でプレミアムが付いている。
-『発見的教授法による数学シリーズ  ①数学の証明のしかた』(森北出版 2014.4.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ  ②数学の技巧的な解きかた』(森北出版 2014.4.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ  ③数学の発想のしかた』(森北出版 2014.4.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ  ④数学の視覚的な解きかた』(森北出版 2014.4.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ  ⑥立体のとらえかた』(森北出版 2014.4.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ 別巻①数学の計算回避のしかた』(森北出版、2014.7.19)
-『発見的教授法による数学シリーズ  別巻②一次変換のしくみ』(森北出版、2014.7.19)
--元々は別巻ではないが、現在、高校課程から外れているため、復刊では別巻扱いになっている。
**一般書 [#fc9f1372]
-『数学流生き方の再発見法』(中公新書 1990.9.1)