慶大英語 のバックアップ(No.19)


設置校舎 Edit

関東全校舎(市谷校舎を除く)

テキスト監修 Edit

鈴木海太戸澤全崇袴田隆一

授業について Edit

  • 2015年度までは早慶大英語が開講されていたが、2016年度からは早大英語慶大英語に分割されて開講される事となった。
  • 問題は夏も冬も両方共、慶應の過去問から抜粋したものである。(ただし、文学部の読解は問題が少し改編されている。)

夏期 Edit

 

担当講師 Edit

  • 鈴木師、戸澤師、袴田師は、お茶の水校の高卒の早慶クラスを担当しており、テキスト作成者でもあるので、おすすめである。
  • 夏期においては、袴田師の担当は地方校舎のみなので、レギュラーで師に読解を習っているお茶の水校横浜校の人は注意。

内容 Edit

  • 袴田隆一師曰く、夏だから比較的簡単な問題を選んだという。
  • 長文、文法、会話などの3構成×4であるところはスーパー英語総合と似ている。
  • 経済学部の自由英作文も問題として採用されている。(講師によっては添削していただけるが、授業中に詳しい解説はしないので注意。)
  • 文法は看護医療、法、商、理工などで構成されている。
  • 長文は理工,文,経済,法の問題を1つずつ扱う。付録として経済学部の同年度に出題されたものが付いている。

冬期 Edit

 

担当講師 Edit

内容 Edit

  • 袴田隆一師曰く、冬だからそれなりに難しめの問題を選んだという。
  • 2016年度は、長文が重くなったせいだろうか、夏期の3構成×4から2構成×4へと変更された。長文以外は会話文と英作文と商学部の空所補充で構成されており、文法問題は消滅し語法問題は長文のセクションのほんの一部にあるのみでほぼなくなった。
  • 2017年度は、文法問題もあり。テキストは2構成×2+3構成×2であった。
  • 2018年度は、夏期と同様に3構成×4となった。
    • テキストに収録されている問題は夏期よりレベル・ボリュームともに上がっている一方、設問数は夏期と同じなので、テキストが終わりきらないことも。
    • 鈴木海太師が担当の授業では、3-1の経済学部の読解問題がかなり重いものであったためか、4-2(商学部の派生語問題)と4-3(文法の四択問題)は解答までのプロセスを解説したプリントを配布して終えるという形になった。