模擬問題 の変更点

Top > 模擬問題

実際の入試で出題されたわけではない問題の事。
実際に入試で出題された「過去問」と対比してよく言われる。
入試問題は社会的責任が問われやすく、また受験生の学力が適切に測れるように、大人数で長時間かけて作られている。一方で、模擬問題の多くは多忙な予備校講師が少人数かつ短期間で作り上げるものなので、あまり質が良くない。傾向と対策を適切に踏まえられていなかったりする。
傾向と対策や慣れるための演習には「過去問」を、演習量の不足分は「模擬問題」を使うのが普通である。
-実際の入試で出題されたわけではない問題の事。
-実際に入試で出題された「過去問」と対比してよく言われる。
-入試問題は社会的責任が問われやすく、また受験生の学力が適切に測れるように、大人数で長時間かけて作られている。
-模擬問題の多くは多忙な予備校講師が少人数かつ短期間で作り上げるものなので、あまり質が良くない。傾向と対策を適切に踏まえられていなかったりする。
-傾向と対策や慣れるための演習には「過去問」を、演習量の不足分は「模擬問題」を使うのが普通である。