神坂明生海 の変更点


神坂明生海(かみさか あきおみ)は、駿台予備学校英語科講師。数年前は駿台フロンティアjr(現駿台中学部)四谷校、吉祥寺校、およびお茶の水校で教えていた。駿台の他に四谷学院でも教えていらっしゃる。
*授業 [#zb5d8b8f]
-座右の銘は、ABCを大切に。
 A...当たり前のことを
 B...バカにせず
 C...ちゃんとやる
-「とうとうこの単語を教える日が来てしまいましたね…いや僕もね、やりたくないんですよ?でもある日亡くなったお婆ちゃんが夢に出て来てですね、言うんですよ。身体を張りなさいって。僕にとってお婆ちゃんは絶対なんでね、今の僕があるのもお婆ちゃんのおかげなんでね…」などと1.2分引っ張った後に身体を張って重要単語の解釈、論理関係などを教えてくれる。
-非常に熱心な講師で、質問対応もとても丁寧である。
-板書は要点がしっかりと整理されており、非常に見やすい。
-口頭での説明も多く、少し速く感じられるかもしれないが、これは生徒のためを思っての事である。聞き逃したとしても後で聞きに行けば教えてくださる。
また早口なのは授業中、生徒の頭の回転を上げ、理解力を向上させるためと本人が語っていた。
-最近物忘れが激しくなっており、文法の基礎知識が抜けてるようである。(もちろんこれは生徒に自分で調べて理解させるための冗談である。もし調べても分からなかったら質問にいけば教えてくださる)
-英訳の際には万能動詞、読解の際には論理語などの説明をする。
-起きている間常に勉強することを勧めており、歩きながら人にぶつからずに音読する方法などを紹介する事がある。
-通訳の学校に通われていたこともあり、そこで学んだ簡単な英語の表現方法を教えてくださることもある
*担当授業 [#oaa0185f]
高2スーパー英語
高3スーパー英語総合
**夏期講習 [#w6713f0c]
-スーパー英語総合
-パーフェクト私大英語
*人物 [#f432a093]
-東京オリンピックでの通訳を目指している。(同時通訳の学校に通っていた)
通訳案内士試験に見事合格
しかし、東京オリンピックの通訳のボランティアはブラックだとかで、もうやる気はないそうだ。
-高校時代はバスケ部でポイントガードをされており一年生からベンチに入っていたらしい。本人曰く高校時代はバスケ漬けの日々だったんだとか‥