専用自習室 の変更点


-仕切り板によってブースのように個別に机が区切られた自習室。
-校舎によってはとても狭く、蒸し風呂状態になる。日々の疲れからか居眠りをする人も見受けられる。
-20分以上離席すると荷物を撤去すると張り紙があるが、実際そこまで厳しい例はあまり見られないとか。無論、離席していいと言うことではない。
-スタッフが巡回しているのもあまり見ないが、一応巡回はしているようだ。
--授業がない日、不定期な講習会などで人手不足の日には教務が見回りに来ることも。
-音楽、飲食、携帯の使用は禁止である。ルールは守るようにしよう。

-基本的に、机の材質が、なにも敷かずにルーズリーフや計算用紙等に書いた場合、トントンと音がよく鳴ってしまう造りである。他の生徒の邪魔にはならぬよう、周囲にも配慮することが望ましい。