高橋和浩 のバックアップソース(No.1)

*人物 [#s67a2cab]

-電気通信大学卒業
-東京工業大学大学院卒業
-通常授業のほか、特設単科、オンデマンド・サテネットなども担当。季節講習も多くの講座を担当する。
-独特な解法が人気を博しており、多数講座を開講していても、締め切る講座も少なからずある。
-派手な服装(ゾウやキリンのプリントなど珍しい柄のシャツ)と「〜☆ZE」という口癖(本人は「〜(です)ね」と言っているが、滑舌が悪いためそうは聞こえない)が特徴。
-一問解き終わると「は~い、どうでしょう・・・」と言う。
-プライベートでは早口かつ滑舌があまりよくないので、質問に行っても(親切に対応してくれるが)何を言っているのか分からないときがある。

*授業 [#ubffe6ce]

-いたって真面目。初学者にもわかりやすいように色チョーク、図などを多用し、丁寧に授業を進める。文章はあまり用いず、図による解説がほとんど。なので、受講する際には口頭説明や自分で副文をフォローしないと、あとからノートを見返して困るかもしれない。
-まずは基本事項の確認、そして解法の道筋・注意点をまとめた『POINT』を示した後問題を解いていく。
-駿台講師にしては珍しく、解き方重視の授業をする。そのため、物理学的な解説はほぼ皆無である。
-微積分も使う彼独特の解法がある。なお、微積分に関してはしっかりとフォローが入る。
-その一例に、波のグラフを3次元で考えるという一般人には理解し難いエスパー級の説明もすることが挙げられる。