岩科琢也 のバックアップ差分(No.20)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
岩科琢也(いわしな たくや)は、駿台予備学校現代文科講師。2号館、3号館、津田沼校、柏校に出講。
岩科琢也(いわしな たくや)は、駿台予備学校現代文科講師。2号館、3号館、池袋校、津田沼校、柏校に出講。
*経歴 [#f5980900]
-山梨県出身。
-東京大学文学部卒。
*人物 [#f7942318]
-講師というよりも、気さくな優しいお兄ちゃんといった印象。
-子供2人(息子と娘)がおり、度々雑談で登場する。
-まだ小さい娘にはアイカツ!カードを買ってくるよう頼まれるらしい。そのため一人でヨドバシカメラに行き、女の子の列に混じって筐体に向かってお金を入れているとか。
-日光アレルギー持ちである。成人後に発症した軽度のものなので日常生活に大きな支障はないという。
-山梨県出身。高校時代までは電車が1時間に1本しか来ないような環境で育ったため、東京に出たときにはその過密ぶりに驚愕したという。
-平井隆洋師と仲が良い。
-若手だが東大演習コースの担当も持つ良講師である。
-美容院はあまり得意ではないらしい。シャンプーの際にフェイスカバーをかけられる時、いつ目を閉じれば良いか、また、マッサージをしてもらう際にどんな顔をすれば良いかが不明だという。その際にどのような対応をすれば良いかが載っているマニュアルブックが欲しいとか。
-ラーメン屋で目撃される
*授業 [#b2973726]
-駿台らしいオーソドックスな授業であり、人柄も相まってほのぼのと進行する。
-通期習ってない方や、校外生が取るならオーソドックスな授業なので独特な授業展開をする現代文講師を取るよりオススメである。
-絶妙なタイミングで雑談を挟む。なかなか面白い。
-焦ると板書のミスが増える傾向にある。気付いた際は自分でツッコミを入れた後に訂正する。ミスは生徒の表情を見てすぐに気がつくらしい。
-逆接などのポイントに機械的に印を付ける方法には否定的であり、全体の構造をとらえた上で内容的な重要性を鑑みてつけるべきだというスタンスをとる。
-字がとても読みやすい、というより美しい。
*担当授業 [#ad5220c2]
**通期 [#s8d3e01d]
-精選・現代文S
-現代文(国立大対策)
**夏期講習 [#u81a1376]
-夏のセンター現代文の攻略(柏校、津田沼校)
-頻出現代文読解-基礎から応用へ-(柏校)
-現代文-読解から解法へ-(柏校)
-GMARCHの現代文(柏校、津田沼校、町田校)
-一橋大国語(津田沼校)
-東大現代文(お茶の水校)