小出寛 のバックアップソース(No.15)

小出寛(こいで ひろし)は、駿台予備学校英語科講師。1号館、2号館、市谷校、津田沼校、池袋校、千葉校に出講。

*経歴 [#z80741a5]
-獨協大学卒業。
*授業 [#od2818e7]
-長文の授業を主に担当している。最初に形が書かれたプリントが配布され、それを見ながら授業を受けるように指示される。
-授業はオーソドックスに文の構文や譲歩、主張、具体例、新情報のど、長文を読む上で必要な要素や技術を教えてくれる。
-長文中の単語やイディオムにも注目して、紛らわしいものなども、一緒に解説してくれる。
--中でも、問題の解説は、素晴らしく、解答の根拠がどこにあるかをはっきりと示し(師は対応という言葉を強調している)、そこからの解答へのプロセスを図などを使って、板書しながら授業を展開してくれる。
-他の駿台の講師のように構文をとりすぎるのではなく、和訳の工夫など、受験で使えるテクニックを教えてくれる
-意外と几帳面な性格で、黒板は見やすい。そして、それぞれの文法事項に関して決まった書き方を持っており、SV関係は黄色、VO関係は赤色と色が決まっているため、頭に入ってきやすい
-師自身も、お茶の水校で浪人を経験しており、高卒生の授業では、自身の経験からアドバイスをほぼ毎回の授業でしてくれる。質問対応も、丁寧に対応してくれる。
-師は一つの問題を長くじっくり解説するだけでなく、自身の良いと思う大学の過去問を授業として取り上げることが多いので、テキストはほとんど終わらない。しかし、師の授業は素晴らしいので、全く影響はない。
-連コマの場合は、「どうも、どうも、再開しまーす」と言って授業が始まる。
*担当授業 [#hbd9fb35]
#fold{{{
''通期''
-高3ハイレベル英語(2号館)
-早慶上智大英語(津田沼校)
-英語構文HA part2(千葉校)
-英語入試問題研究H(千葉校)
}}}
#fold{{{
''春期講習''
-【必修】ハイレベル英語(読解)(池袋校)
-高2ハイレベル英語(千葉校)
-高1医系英語(市谷校舎)
}}}
#fold{{{
''夏期講習''
-英語総合(池袋校)
-高2ハイレベル英語(千葉校)
-パーフェクト私大英語(千葉校、津田沼校)
}}}
#fold{{{
''冬期講習''
-英語総合完成(池袋校)
-高1ハイレベル英語(千葉校)
-高2ハイレベル英語(千葉校)
}}}
#fold{{{
''直前講習''
 直前Ⅰ期
-英語FAⅢ-センター第3問対策-(お茶の水校、津田沼校)


 直前Ⅱ期
-明治大プレ英語(千葉校)
}}}
*人物 [#g1eefeef]
-英語の講師として、もっと有名になってもいいくらい実力はあるのだが、駿台に来てまだ、年数が浅いからなのか、他の有名講師に比べると人気があるとは決して言えない。
--しかし、授業は袴田師や秋澤師のように構文をとったり、口頭や板書で譲歩、主張、新情報、具体例などの、長文中の重要な要素をとても丁寧に解説してくれるため、大変分かりやすい。
-受験生のメンタルを気遣うアドバイスや、質問対応もとても丁寧に応じてくれる。津田沼校のLJクラスでは、かなりの人気であった。
-少年漫画の敵幹部キャラのような喋り方である。
--普段はおちゃらけてぬるぬる喋るが、要点や気持ちを込めたいところでとてつもなく声を張って喋る。
-30代前半なのにも関わらず、自らをおじさんと呼び、「決め台詞言っていいっすか?」が、決め台詞。ふざけてとかではなくて、自分のことをガチでイケメンだと信じているようで、その事がうかがい知れる自慢話や、文法解説は爆笑必須(「イケメンな男」と、「イケメンな小出」の修飾用法の違い、など)しかし、最近は反応が薄いようでテンションが下がっているらしい。
-高三の現役時代、5教科の成績は学校で下から二番目であったが、駿台で浪人すると、ある模試で英語が全国二位になったらしい。
-たまに友人のT氏(師曰く「う○こ野郎」)の話をする。