吉田邦久 のバックアップの現在との差分(No.5)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
吉田邦久(よしだ くにひさ)は、駿台予備学校生物科元講師。駿河台大学名誉教授。理学博士。
*経歴 [#a27cf0ae]
-1940年大阪府生まれ。
-1940年、大阪府生まれ。
-東京大学理学部生物学科卒業。
-東京大学大学院理学研究科博士課程中途退学。
-その後、立教大学教授に就任。
-この間、立教大学教授。
-1985年、立教大学を辞め駿河台大学設立準備委員会に参加。
-1987年、大学設立に伴い法学部長に就任。
-以降現代文化学部長、副学長を歴任。
-以降、現代文化学部長、副学長を歴任。
-2011年、駿河台大学退職。同大学理事・名誉教授となる。

*人物 [#v36e3599]
-上記の経歴からもわかるように、大学で教鞭を取られることが本職であった。
--駿河台大学設立に際しては鈴木伸一氏などと尽力され、学校法人としての駿台の発展に一役買った。
-その傍、当時予備校としては若かった駿台にも出講され授業内容など生物科の核を作られた。坂間勇師や奥井潔師と同じく、大学との兼任で今の学風を生み出した往年の駿台らしい講師と言えるだろう。
-その傍、駿台にも出講され授業内容など生物科の核を作られた。
坂間勇師や奥井潔師と同じく、大学との兼任で今の学風を生み出した往年の駿台らしい講師と言えるだろう。
--中島師や大森師がまだ若手と呼ばれた頃、若しくは採用される前の時代である。
--指田師などはこれを「ヨシダイズム」と呼び継承を心がけているそう。
-著書も多く現在でも駿台文庫などで名前を見ることが出来る。
--チャート式の筆者陣に名を連ねているところからも、受験生物業界の中心であったことが伺える。
---チャート式といっても、本家の方ではなく、「新総括」やその改訂版の「要点と演習」の方である。
--東大青本や[[東大入試詳解25年 生物>東大入試詳解シリーズ]]では、現在も監修を務めている。
-%%ただこの時期の生物科は現代文・地理と並んだ駿台の弱点と評されていた%%
-趣味は古伊万里の蒐集と旅行。
-今は入間川の保全プロジェクトなどをやっておられるようだ。
*著書 [#gdb99edf]
-短期攻略センター生物基礎(駿台文庫)
-生物用語集(同上)
-図と表で見る生物(駿台文庫)
-新・図と表で見る生物(駿台文庫)
-生物入門(駿台受験シリーズ)
-生物考える問題100選(同上)
-生物新・考える問題100選(同上)
-生物考える実験問題50選(同上)
-新・図と表で見る生物(同上)
-チャート式新総括生物(数研出版)
-生物 考える問題100選(同上)(駿台文庫、1988年)
-生物 新・考える問題100選(同上)
-生物 考える実験問題50選(同上)
-短期攻略 センター生物基礎(駿台文庫)
-生物用語集(共著。駿台文庫)
-チャート式 新総括 生物I(数研出版)
-チャート式 新総括 生物(数研出版)
-チャート式 要点と演習 新生物IB・II(数研出版、1997年)

-好きになる生物学(講談社)
-好きになるヒトの生物学(講談社)
-生物学を読む(玉川大学出版)