一橋大英語/夏期講習 のバックアップ差分(No.1)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*設置校舎 [#d96aca0b]
お茶の水校、横浜校、立川校、津田沼校

*テキスト [#vb68618c]
-テキスト作成者は武富直人師(佐藤治雄師の後任)。

*授業 [#k27db584]
-1~3日目で読解、4日目でリスニングを扱う。
-基本的に長文は三題しか解かないので少ないと思う生徒は無理して取る必要は全くない。
-同講座の各講師の出講校舎ならびに特徴を下記に記載する。

>''武富直人''
お茶の水校、立川校、横浜校、津田沼校を担当。
-テキスト作成/編集者。
-

>''小林俊昭''
お茶の水校を担当。
//<その講師の特徴を下に列挙してください。>
-4日目のリスニングの際、ラジカセがうまく扱えず、教務の人を呼ぶ、という事態になったことがある。(高3スーパーα東大英語などでも見られる彼のネタの1つである。)
-師は一橋関連の講義では強調構文を最も強調される。