横浜校旧校舎(みらい校・西館)

Last-modified: Sat, 12 May 2018 17:36:36 JST (12d)

本頁は、2017年度を以て閉館となった横浜校所属の校舎についてのページです。

横浜校西館 Edit

  • 2017年12月7日を以て閉鎖された。
  • 現在の横浜校1号館の正面、道路の反対側に位置するビル(谷川ビル ANNEX)の一部フロアを借りて設置されていた。
  • 閉鎖前は自習室として用いられることが多かった。
    • 当時多かったのが、かもスタ3階にある個別指導ルーム、特別指導コース専用自習室を西館301、302と間違える生徒である。
      • 原因としてはかもスタと西館の正確な位置を把握していないことと、かもスタ3階の部屋の扉にある部屋番号(ビル管理者による部屋番号)が個別指導ルームは301、特別指導コース専用自習室は302となっていたことだろう。
  • また、成績優秀者の表彰はなぜかここで行われていた。
  • 受験用の写真撮影も行われていた。
  • かつては授業が行われていたこともあったのだとか。
自習室種別席数時間備考
301専用08:10~21:00授業利用あり、教室型
302専用08:10~21:00音読可能、教室型

横浜みらい校 Edit

〒221-0834

住所:神奈川県横浜市神奈川区台町8-7

電話:045-316-1131

特徴 Edit

  • 2018年3月末をもって廃校となる。
  • 「みらい」という謎の名称により、駿台みなとみらい校だと勘違いすることもあった。
  • 現役フロンティアの高1・高2生専門校舎であった。
    • つまり浪人すると「みらい」がない校舎に行くことになる
  • 小さなビルであり、マンション群の中にあった。
    • それゆえ、教室の規模はあまり大きくない。
    • ただし、3階にフロア全体を教室にした200人収容可能な大教室があり、超人気の季節講習講座(現代文Revolution等)はこの教室で行われた。
      • 通期の久山師の高3スーパーα英語総合も、その人気ゆえこの教室での開講となっていた。
      • 壁が薄いので廊下にいると久山師の授業が丸聞こえであった。
      • 教室の構造(ドアの位置)のせいなのか、この部屋は収容数以上に余計に広く感じるかもしれない。
    • 別名、東横校舎。東横線跡地にあることに由来する。
  • 開門は基本的に13時半で、休校日も多かった。
  • また、イベントや講習、模試の会場としても利用されていた。
  • 自習室は人も少なく穴場であった。
    • しかもかもスタとは違い冷暖房が程良く効いていた。昼過ぎになると、かもスタからみらい校に移動する人がいたほど。
  • 横浜校1号館からは歩いて5分ほどかかるくらい離れたところにある。東京急行電鉄東横線の反町駅と京急電鉄の神奈川駅が横浜駅を使うよりも近く、空いている。横浜駅から行くのであれば、きた西口が便利。
    • 他校舎からの遠征組や外部生が校舎や道を間違える様子も散見された。
  • 各階に自販機が設置されていた。品揃えはあまり良くなく、近くにサンクスがあるためほとんど利用されていなかった。
    • このサンクスもファミリーマートに変わってしまった。
  • ここのフロンティアホールは1階の講師室教務室と外壁の間の細い空間だったのだが、ただの長机状態であった。
  • 6階にもちょっとした休憩スペースがあり、むしろこちらの方がフロホっぽい存在であった。