山本崇太 の変更点


山本崇太(やまもと しゅうた)は、駿台予備学校数学科講師。元お茶の水ゼミナール数学科講師。1号館,大宮校,札幌校に出講。

*経歴 [#z8edbf5c]
-大阪大学大学院修士課程修了。
*授業 [#p46369eb]
//<授業スタイルなどを書いてください。>
-方針を軽く説明してから解答を書くため頭に入りやすい。
-解答は非常に丁寧であるがゆえに板書は多くなってしまうが、その分、復習する際にどのように解いたかわかりやすい。
-指し棒をよく使う。
-何か適当な数字を使う場面がくると必ず自分の誕生日な数字を使ってくる
--その際何度でも「僕の誕生日なんですけどね」とアピールする
--ちなみに、10月21日
-図が上手く描けないと描き直しをする
--そして字も丁寧に書くため板書は非常に綺麗である
--他の講師と比べると、字が小さいので、大きい教室の後ろの方の席だと見にくい。
*担当授業 [#m8136026]
//<知っている担当講座がありましたら、追加してください。>
//<記入例(通期以外は≪担当校舎名≫のみ記入)
//-≪講座名≫
//〔≪担当校舎名≫-≪担当クラス名≫,≪担当クラス名≫〕>
#fold{{{
''通期''
-数学XS(札幌校-SX)
-数学XH(札幌校-SP)
-数学YH§3(1号館-LJ,LK,LL,LQ)
-数学YH§4(1号館-LJ,LK,LL,LQ)
-高3スーパーα数学(札幌校)
-高2ハイレベル数学ⅠAⅡB(大宮校)
-高1スーパー数学ⅠA(1号館、大宮校)
-高1ハイレベル数学ⅠA(大宮校)
}}}
#fold{{{
''春期講習''
-
-
}}}
#fold{{{
''夏期講習''
-夏のセンター数学IA
-数学IA頻出問題
}}}
#fold{{{
''冬期講習''
-
-
}}}
#fold{{{
''直前講習''
 直前Ⅰ期
-
-

 直前Ⅱ期
-
-
}}}
*人物 [#w79d590a]
//<講師に関することを書いてください。>
-質問対応はとても丁寧で親しみやすい。
--講師室前に長蛇の列ができることもしばしば。
-浪人経験があり、駿台に通っていた。
--夏季期間中は、講習は取らず、不規則な生活をおくっていたという。
-関西出身で関西弁である。関西の塾でも教えているらしくなかなか忙しそうである。
-鉄道マニアで、全国の時刻表を暗記しているとか。
--本人は鉄道マニアではないと言っているが、時刻表検定2級を取ったことを自慢している。
-10月21日が誕生日だと言う
--27回目と28回目の誕生日は、相当辛かったらしい。(詳しくは師の授業で話される)
--1981年生まれ。
-授業中に放つギャグは、ほとんど滑っている。
--スベリまくってもまだ言い続ける強靭なメンタルを持っている
--部分分数分解→BBB
--解と係数の関係→KKK
--判別式→「は」で始まって「き」で終わるもの、、、、はみがき!
--加法定理→新木場越した、越した新木場。越した越した、新木場新木場
--相加相乗平均→そうか、そうしよう!
--三角形ABEちゃん
--そんな訳…アルマジロ!
--ナイマジロ
--お値段以上ニトリ!
--ヘロンの公式→北海道の向こうにあるやつ!あ!それ(夕張)メロンだ!
--ペン→pen パイナップル→pineapple カッパ→raincoat
-昔に彼女と金閣寺まで歩いたことがあるらしい
-以前に3度も三角関け(ry
-少々ネタがイタイ時があり師も自覚しているが生徒からは親しまれている
-いつもニヤニヤしている
-センター数学満点
-- I Aは18分で解き終わり、II Bは28分で解き終わって暇だから選択問題も全て解いてしまったらしい
-実はセンター試験の国語の点数がひどかった…らしい
--「古文で0点でした!」と自嘲していらした。
-同じ数学科の高瀬師とどっちがスベっているか競っている
-黒板に板書をしている時小さい咳払いを何度もしている
-ニヤニヤしていない瞬間があまり見られない
--演習授業で生徒が問題を解いている時間は真顔の時が多い。
-「四角に当てはまる言葉を答えて見てください!」と言いながら教壇から落ち、「あ、死角だった…!ここ!死角!…………ウエエエエン、イタいやつやぁ…!」
-家計簿が趣味で微積分の説明は必ず家計簿で例える
//*著作
//<著作がある場合、//を削除して追加してください。>
//**学習参考書
//-『≪タイトル≫』--(≪出版社≫ ≪発売日≫)
// **一般書
//-『≪タイトル≫』--(≪出版社≫ ≪発売日≫)