伊藤和夫 のバックアップ(No.15)


伊藤 和夫(いとう かずお、1927年?月?日 - 1997年1月21日)は、元駿台予備学校英語科講師、同主任。学校法人駿河台学園理事、駿河台大学理事、客員教授。長野県出身。『基本英文700選』、『英文解釈教室』、『ビジュアル英文解釈』などの英語参考書で知られ、「受験英語の神様」、「受験英語界の巨人」とも呼ばれる。

経歴 Edit

  • 1944年、旧制東京都立第五中学校卒業。(現、東京都立小石川中等教育学校。)
  • 同年、旧制第一高等学校(新制東京大学教養学部の前身校の一つ)を受験。
    • 太平洋戦争が最も激しかった時期で、旧制高校の入試史上唯一の受験科目から英語が削除された年であった。受験英語に一生を捧げるようになった師ではあるが、自身は入試科目で英語を受験せずに新制東京大学教養学部の前身校に入学したことになる。
  • 1953年、東京大学文学部西洋哲学科卒業。
    • 卒業論文はスピノザの「エチカ」。
  • 1954年、横浜の山手英学院で英語科講師として勤務。
  • 1966年4月、奥井潔師の紹介で駿台予備学校英語科へ移籍。以後、専任講師として1990年代中盤まで勤務。英語科主任、学校法人駿河台学園理事などを歴任。
  • 1997年、死去。

構文主義 Edit

  • 英文法の枠組を英文解釈に利用可能な形で取り入れた読解法は「構文主義」と呼ばれ、受験英語界(特に駿台予備学校英語科)の伝統となった。
    • 1970年代から1980年代の受験界では「『基本英文700選』を暗記すれば、わからない英文はなくなる」と言われ、1980年代後半の受験生の姿を描いた『七帝柔道記』には「合格者のほぼ全員が『英文解釈教室』を使っていた」と伊藤和夫の名が実名で登場しており、いかに受験生の間で伊藤が巨大な存在だったかがわかる。現在の高校や予備校の英語教師の中にも彼の影響下にある者は少なくない。なお、ここで言う「構文主義」とは「くじら構文」や「so~that構文」などではなく、単語・熟語の枠を超え、文という単位で英語を理解しようとする姿勢のことである。
  • 「直読直解」を目指しており、予測と修正という考えによって、返り読みは否定。品詞分解はある程度は必要悪として認めていたが、英文の原型が分からなくなるほど文を細切りにすることには否定的であった。

逸話 Edit

  • 派手なことは嫌いだが子供っぽいところ(純心)があった。
  • 秋山仁師とよく飲みに行った新宿歌舞伎町の奥の飲み屋があった。
  • 信頼できる人にしか心を許さないところがあった。
  • 駿台に引っ張ってきた奥井師ら少数の優秀な講師と仲が良く、真面目で勘の鋭い生徒を好んでいた。
  • 思慮の浅い質問を嫌う点は教師というよりは、生真面目な作家的な印象。
  • 酒を飲んでご機嫌だとと箸で茶碗を叩き喜ぶが、会議などで機嫌が悪くボルテージが上がると机をドンドン叩いて怒る。
  • 意外と喜怒哀楽は激しいが生真面目ゆえの行動。
  • 運転手つきの黒塗りの車で駿台の地下駐車場に入り、エレベーターには警備員がつき、大臣なみの扱いであった。
  • 校舎内でソープの回数券をポケットから落として、それを拾った生徒が師に渡そうとしたら、「君にあげるよ」とおっしゃった。
  • クラスに一人は必ず伊藤師の物真似が得意な者がいた。「エハァン!」という師の独特な咳払いをいかに上手くパクリ適切なところに入れるかが鍵。
  • 某師によると、和訳に関して、「サッカー」を「蹴鞠」、「テーブル」を「卓」、「キャリアウーマン」を「職業婦人」など、とにかく外来語は何でも日本語に直さなければ模試などでバツにする方針だったとのこと。よって某師によると伊藤師曰く、「オープンカフェ」は「道路に突き出たところに卓がある喫茶店」だったとのこと。
    • これは一種のジョークだろう。英文解釈教室での伊藤の訳例からちょっとひろってみるだけでも、ユーモア、ジャングル、サラリーマン、レール、ボートと外来語はすぐでてくる。
  • 受験英語の変化(長文の増加、出題される英文の内容の変化、記述式から客観式への変化など)にも敏感で、最晩年にいたるまで、たとえば長文に対処するにはどうするかなど、変化への対応を真剣に考えていた。決して、練習すればそのうち読むスピードもあがるからなんとかなる、といった類のことは言わなかった。「伊藤和夫の英語学習法」(駿台文庫)参照。
  • 自身の英文読解の方法も、よりよくするためにはどうすればよいかを常日頃考えていたそうで、そのことは英文解釈教室改定版の前書きやビジュアル英文解釈の「あとがき」などを読んでもよくわかる。
  • ここまで著名でありながら、授業は抑揚に乏しく単調で眠気を誘う物であり、発音は典型的な日本人英語であった。授業内容も英文解釈教室他の著書と重複することもあり、晩年は、後期ともなると教室には空席が目立った。
    • しかしながら、授業は一切の無駄がなく洗練されており、師のこだわりが凝縮されていた。職人肌で完璧主義を感じさせるものがあった。
    • 雑談はほぼ挟まず、終始淡々と授業を進めた。
    • その日の進度が終了するとチャイムが鳴る前に授業を終えるが、教室を出るためにドアのノブに手をかけるあたりでチャイムが鳴る。
    • 「物言わぬコンマが雄弁に語っているのであります」など、ウトウトしていると聞き逃してしまうようなレトリックやユーモアをサラリと挟む師であった。
    • Whatを「ウォット」と発音していた。

著作一覧 Edit