浅井さやか のバックアップ(No.7)


浅井(あさい)さやかは駿台予備学校数学科講師。お茶の水女子大学理学部数学科出身である。主にお茶の水校2号館立川校に出講。高卒は主に数学ZSテキスト§3、現役はSα数学Ⅲを担当。講習は主に私大医系プレ、一橋大数学東工大数学、スーパーα数Ⅲなどを担当する実力派。

人物・授業 Edit

  • 授業のスタイルは最初にポイントをまとめて解説していく形式。
  • 解答に書いてもよい箇所は白で書き、補足をその周りに黄と赤で付け足していく。
  • 話を聞いて理解する時間と板書をノートに取る時間とを分けており、ノートを取るべきタイミングで止まっていると注意されることがある。多少分からないことがあっても後に引きずって遅れないようにとりあえずノートに写せとのこと。
  • 板書は書き方が統一されており、非常に綺麗。
  • グラフにこだわりがあるらしく、かなり綺麗に書く。
  • ノートは絶対に節約するなとのこと。
  • ⇔、∈、∵、∴、数の集合を表す記号(自然数はN、整数はZ、有理数はQ、実数はR,複素数はCのブラックボードボールド)を多用する。整数問題はいちいち漢字で書くと時間がかかるので記号にしろとのこと。
  • 話しながら生徒一人ひとりの顔をよく観察しており、腑に落ちない顔をしていると更に詳しく説明してくれる。そのため、集中してないと一瞬でバレる。
  • 暗算が速い。
  • 時間があると群論、環論、リーマン積分など大学数学の話を軽くしてくれる。
  • 授業態度の悪い生徒には厳しく頻繁に雷が落ちる(大抵外に追い出されるか、罵倒される)が、普通に受講していれば何も言われることはないので安心してほしい。
  • パンフレットの顔写真と現在の容貌が違いすぎる講師の一人。
  • かなりのヘビースモーカーで授業の合間にタバコを吸っていることも。
  • マツコ・デラックスのような巨体(服装もそれっぽい)で威圧感がすごい。初回授業で大抵の生徒はビビる。
  • 授業を受けていると怖いと感じるかもしれないが、質問の対応は実に丁寧で生徒の面倒見もよく理解もある。
  • 一方で寝ている生徒は他の生徒に悪影響だから追い出すなど、結局生徒のことを考えているところを評価し気に入ってる学生も多い。
  • 宮城県の田舎出身。
  • 父親は高卒だったものの趣味で数学をやるような人でありその影響で数学が好きになったとか。暗記が苦手だったのも数学の道に進んだ理由。
  • 将来は農作業に勤しみたいと話している。

名言集 Edit

  • 「はい、そこの腕モミモミしてるお嬢ちゃん、これやって」
  • (髪をいじいじしてる男子生徒に)「兄ちゃん、髪気になる?」
  • 「ここ東大とか医学部目指すクラスだよな?その辺のゴミになりてえのか?」
  • 「石垣牛!」
  • 「これやるか出て行くかだ」
  • 「お前休み時間きたら次の授業までに絶対帰れよ、絶対な!」
  • 「お前のこと心配してんじゃねえんだよ!おこがましい!」
  • 「あくびする時は手くらいそえなさい」
  • 「お前次からは絶対来るな」
  • 「貧乏ゆすりやめな、隣の子に迷惑だよ」
  • 「何?追い出さねえの?じゃあ授業やんねえよ?」(毎回寝る生徒を職員が追い出さなかった時に)
  • 「何も考えずにただノート取るだけなら予備校やめてお家で参考書写しててね」
  • 「予習復習やんないで話聞くだけならお家でママに教科書を読んでもらってね」