スーパー京大理系 のバックアップ(No.21)


設置校 Edit

2号館横浜校千葉校(太字の校舎は集中コース設置)

目標大学 Edit

京都大学

スーパー京大理系について Edit

  • 名前の通り京都大学を第一志望とするクラスである。だが中には関東には設置校舎が無いので大阪大学などを志望する生徒も一部混ざっている。
  • 関東での設置校舎はとても少ない。
  • お茶の水校ではスーパー京大理系は1クラスしかない。そのためクラス分けがないのでクラス内の学力にとても大きな差がある。
  • お茶の水校では前述通り1クラスでかつ2号館なので3号館ほどのキツさはない。そのうえ講師の質が東大クラスのSAに劣らないくらいよい。
  • スーパー京大理系集中コースもある。これは京大に合格するための補習授業のようなもので、数学、英語、国語を徹底的に演習するものである。前期は英語が2回、数学が1回のみ行われる。後期は英語、現代文、古文がそれぞれ2回ずつ、数学が1回行われる。数学以外は理文合同で行われる。この他に有料ではあるが京大エンカレッジセミナーや関西校の講師が出講するスーパー京大実戦講座や京大突破レクチャーが行われる。
  • 京大コースは京大入試実戦模試と第1回東大入試実戦模試は無料で受けることが出来る。

授業 Edit

英語 Edit

京大クラスなら基本久山道彦の授業を避けることは出来ないであろう。また久山師の方針により後期に配布される英語入試問題研究NSには一切触れず自習用とする(解答も配らない)。

数学 Edit

お茶の水校では関東数学科のBIG3(小林師、雲師、森師)が揃うこともありなかなか豪華

理科 Edit

お茶の水校では物理を山本師と小倉師が、化学を井龍師と中村師が担当し、なかなか揃うことのない実力派講師陣が集まる。

国語 Edit