物理特講 の変更点


 冬期講習、オンデマンドサテネット講座で開講される。
*設置校舎 [#rb086396]
自由が丘校を除く関東全校舎と、広島校
*担当講師 [#cfe51b90]
森下寛之、笠原邦彦、高橋法彦、星研二、成島武成、溝口真己、小倉正舟
*テキスト [#b3d595ca]
-問題の難易度はかなり高い。2015年度には東大や京大の後期日程の問題も含まれている。
-パンフだけでなくテキストを見て自分に必要かどうかをしっかり確かめた方が良い。このテキストが完璧に予習できる人は東大本番でも50点を切ることはないだろう。
-例題は問題文が短く、古典物理学の基礎を幅広く学べるようになっているが、難易度は最高レベル。2017年度からなくなる。
-2016年度は一気にレベルが下がった。しかし、依然として講習の中において最高レベルであることは変わり無い。強いて言うなら大学受験の物理のレベルが落ちていることに起因している可能性がある。
*授業 [#w5d73566]
-レベル:6-9
-4月から12月までの間に学習した内容の総復習講座。夏の受講は関係ない
-ハイグレード(HG)徹底強化講座である。
-力学5題、熱3題、波動3題、電磁気5題、原子2題の計18題を講義であつかう。
-夏期と違い例題は載っているが概説は掲載されていない。
-夏期ほど満員になることはあまりない。
-センター試験が相当余裕で2次で東大京大東工大などで高得点を狙いにいきたい人向けである。
*授業(オンデマンド) [#j1d9d6b8]
-担当講師は森下寛之。
-2017年度より、オンデマンドサテネット講座でも開講した。、
-これは教材や授業内容はライブ授業と同様だが、力学4題、熱3題、波動3題、電磁気4題、原子2題の計16題と扱う問題の数は少なく厳選されている。