漢文サブテキスト の変更点


-句形や語彙、漢文常識などが網羅されたサブテキスト。
-[[現代文(国立大対策)]]、[[古典文法エッセンス]]と同様にA5判なので持ち運びやすく気軽に開ける
-編集責任者は[[宮下典男]]師。しかし本人は『扱いづらい』として自作の[[プリント]]を使用している。
-編集責任者は[[宮下典男]]師。しかし本人は『このテキスト僕が編集責任者なんですけどね、正直扱いづらいんですよ』と言って自作の[[プリント]]を使用している。
--A~Eは三宅崇広師の執筆。
--Fは杉本康榮師の執筆。
--Gは宮下典男師の執筆である。

-確認ドリル問題と称した10題の問題を集めた問題集がついている。
-このテキストに相当する市販の参考書が存在しないため評判が高い。
-高卒のほか、[[現役フロンティア]]の漢文の受講者にも配付される。
-飯塚敏夫師は「こんな量を覚える必要はない」と言っており、自作の句形をまとめた冊子(通称『シンガポール』)を前期開講時に配布している。