岡部茂樹 の変更点


岡部茂樹(おかべ しげき)は、駿台予備学校物理科講師。池袋校、津田沼校、札幌校に出講。

*授業 [#nf7ac433]
-授業の始めにプリントを配りそれに倣って授業展開していく
--それぞれの単元における基本的な知識や考え方の他、授業で扱うには時間が厳しくなるような発展的な事項(師曰く「眺めておくだけで結構」なところ)についても記載されているので、復習時に活用すると恐ろしくタメになる。
-物理は単に暗記じゃ通用しない、と師はよく口にする
-TAの時の質問対応はとても丁寧である。
-駿台特有の、微積を前面に押し出すスタイルではないので、現役生でも親しみやすい。
-物理というものを理解してもらおうという雰囲気がピンピン伝わってくる情熱的な授業。
-時間も大幅にオーバーすることは殆どなく時間通りに終わることが多い
--綿密に授業構成を考えてきているだろうと想像できる
-説明はわかりやすいがたまに独特。ある時はサイクロトロンを旅館に例えて説明を行い、生徒を困惑させた。
-「はい、どうもみなさんこんにちは、今日も一日頑張っていきましょう」で授業が始まる
*担当授業 [#ube60a3a]
#fold{{{
''通期''
-物理S PART2 (津田沼校 SH)
-物理私大対策S
}}}
#fold{{{
''春期講習''
-
-
}}}
#fold{{{
''夏期講習''
-力学徹底攻略
-物理α「最新入試!」
-物理β「SELECT」
-波動徹底攻略
-熱徹底攻略
-電磁気B徹底攻略
}}}
#fold{{{
''冬期講習''
-冬のセンター物理
-センター物理クライマックス
-物理α最新入試
-物理βSELECT 
-入試物理総点検
}}}
#fold{{{
''直前講習''
 直前Ⅰ期
-物理ファイナルアタック
-

 直前Ⅱ期
-原子物理特講
-
}}}
*人物 [#v52d60ff]
-札幌校を拠点とする。
--札幌校では現役生から高卒生までほぼ全ての授業を担当していて、講習の担当講座数もかなり多いため正直札幌校の物理に関しては岡部師頼りなところがあるのかもしれない
-面倒見が良い
-説明の際、熱が入ると指を鳴らしてしまう。
--なかなか良い音を鳴らす
-単振動のモノマネが得意
-二人称は「僕ら」。僕らはみんな生きている。
-授業が始まる3分前には教室に来ている
-実験器具を見せている時段々楽しくなってきて器具を壊しがちである
-エレベーターをあまり使わず階段を使う。とても健康的である
-お腹を冷やしやすいのか、いつもシャツインしている
-声がよく通る
-パンフレットの写真と実際では随分容姿が異なるように思われる。写真では茶髪でメガネを掛けているが、実際は黒髪でメガネは掛けていない。一瞬別人かと思う程である。
-チョークホルダーを愛用していて全ての色のチョークを大事にしまっている
-以前英語科の町野師が「岡部先生はずっと仕事していて、エナジードリンクをよく飲んでいて、わたくし心配です!!」と心配していた
-褒められて伸びるタイプの人には相性抜群である
-口癖は「め〜んどくせぇなぁ〜!」であり2時間授業があったら必ず一回はどこかで面倒くさがる。ただ、ある時一回「め〜んどくせぇにゃあ〜!」と噛んでしまったことがありそのときは非常に赤面していたという。とてもかわいい
-いつも笑っていて質問にもすごく行きやすいので札幌校の「聖人」枠
--%%「変人」枠は井龍先生%%
-講師室で師を見かけたときはたいてい疲れているように見える。その瞬間だけがオフモードなのだろう
-授業始めに「改めまして、よろしくお願いします」と言うが、特に改めるものはない