高家弘行

Last-modified: Sun, 13 Aug 2017 23:53:08 JST (68d)

高家弘行(たかや ひろゆき)は、駿台予備学校公民科講師。1号館,2号館,3号館,横浜校に出講。

経歴 Edit

  • 慶應義塾大学商学部卒。

授業 Edit

  • 単なる暗記ではなく理解して定着させることに重点をおく。そのための具体例はとてもわかりやすい。
  • 声が大きい。鹿野俊之師と同じくマイクの位置はとても低い。
  • 授業が始まるときの挨拶を返してあげるととても喜ぶ。
  • 現社の映像授業も担当。各校舎から届くファックス質問にも丁寧に回答している。
  • 前述の通り、クーラーの設定温度は低めにする傾向がある為、苦手な生徒諸君はなるべく風の当たらない場所に陣取ることをお薦めする。
  • 汗っかきなのか自前のタオルで前頭部付近を拭く師の姿を授業中よく目にすることができる。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 浪人の経験(Yゼミ)があり、英語でもともと30くらいだった偏差値を70近くまで上げた。
  • 模試の問題も制作している。ベネッセの模試も作っている(ベネッセ共催の際は会議のためよく関西に行く)。
  • とても生徒思いな良講師であり、授業後は常に講師室で質問を待っている。授業の不明点あればすぐに質問するとよい。
  • しばしば自虐的な一人ノリツッコミをカマす。
  • 倫理政経の授業・講習では三平師と組むことが多く、美女と野獣と表現する(その後訂正をいれる)。
  • クーラーをこよなく愛し、設定温度を廻り家族と喧嘩をしたことがある。
  • 見ればわかるがものすごく太っている。
  • 師の叔母(伯母)が被爆者であり、反核兵器を自身の理念としている。
  • エピソードとして、師が米国に留学していた頃に、絵本読み聞かせのボランティアをやっていた際に、国連本部で買った、原爆をテーマとした絵本を、子供達に読み聞かせた事があったという。途中で泣いてしまった子もいたが、最後には原爆の恐ろしさを理解し、賛同してくれたと語っていた。
  • 2016年のオバマ米大統領の広島訪問の際にも師は非常に喜ばれていた。
  • 職業柄か政治情勢についての雑談も行う。嫌いな政治家は橋下徹、安倍晋三。
  • バブルの頃はそれなりの格好いい兄ちゃんだったのかもしれない。全盛期には六本木のクラブ(当時はディスコ)で毎晩遊んでいたらしい。