講師陣概説/物理科

Last-modified: Thu, 07 Sep 2017 14:20:20 JST (79d)
  • 駿台における物理の講義において、大きな特徴の一つが「微積分を利用する」ことだ。
  • そのため、駿台物理の講義を受けるにあたって、多くの講座を担当する講師の特長を下記に記した。
  • ★の数が多いほど微積分を多用し、より高度な授業を展開する。
  • ただし★の数は展開される講義や講師のレベル、優劣、人気具合を表したものではない。
  • 各講師のより詳細な情報は、各々講師ページを確認されたい。
★★★★★★

山本義隆師,森下寛之

  • 微積を多用する非常に高度な授業を展開する。
  • 物理を微積で学んだことがない人は理解できない可能性あり。
★★★★★☆

小倉正舟

  • 基本的なところから教わることができ、森下師と同程度の物理の奥深さを学べる。
  • その分、情報量が多くなることに注意。
  • 板書スピードは駿台一と言われるほどなのでその点も注意。
★★★★☆☆

笠原邦彦師,成島武成師,高橋法彦

  • より基本的な内容から、森下師や小倉師が教えるのと同じ程度内容まで習得したい人、駿台の授業に馴染みのない校外生、少し数学と物理に不安があるが、駿台の本質から理解する物理に触れてみたい人に特におすすめ。
  • 丁寧な授業で板書も綺麗。
  • 以下、講師についての軽い説明。

笠原邦彦

  • 基本事項のチェックと本番でいかにして速くて計算ミスの少ない解法を選び取るかに時間をかけている。
  • 他の物理講師と違って物理学的な見方より数学的な見方をすることが多い。
    • 物理学的な見方を軽視しているわけではない。
    • 笠原師は数学的に森下師のレベルを上回ることもあり、中級者向けというよりも数学が得意ではあるが物理は得意ではない人向けである。それは本人が数学がよくできることに由来すると思われる。

高橋法彦

  • 常に基礎から段階的に丁寧に教えるので校外生が受講しても支障はない。
  • 微積物理や高度な内容に触れるものの、フォローを入れてくれるので発展的なことにも触れつつ無理せず物理を自分の物にしたい人、苦手な人向けである。
  • 誰で受講するか迷ったなら、師の講座が無難だろう。

成島武成

  • 上記の二人と比べるとやや解法重視の感じがあるが、物理の本質的解法を重視するので内容的にはそこまで大差がない。理論的な話もする。
  • また、問題の解法をまとめてくれたりと即効性があるので物理ですぐに点を取れるようになりたい人には良い。
★★★☆☆☆

佐々木直哉師, 星研二

  • 公式の導出も微積を使って教えて下さる。
  • 解説は非常にスマート。受験物理としてのテクニックも学べる。
    • その分、物理学的にかなり深く掘り下げるというようなことは余りない。
★★☆☆☆☆

田沼貴雄

  • とても優しく、面倒見も良いので悪くはない。
  • 入試で得点することに重点をおく人、問題が解ければそれでいい、という人にはおすすめ。
  • 微積を使った物理に慣れてない人にはちょうどいいだろう。
    駿台らしい物理を受けたいなら★4以上の講師がよい。どちらのタイプの授業を好むかによって好き嫌いが分かれる講師。
★☆☆☆☆☆

椎名泰司師、坪倉祐一師、溝口真己

  • ★4以上の講師とは別物の物理といえる。むしろ、こちらの方が一般的なのかもしれない。
  • 物理も数学も苦手というには、ここの講師がオススメ。
  • 初見で習う人でも、これらの講師なら十分についていけると思われる。
  • 物理の本質を理解したい人、微積を使って高みを目指したい人は ★2以上の講師を受講するといいだろう。
  • 椎名師を除き全く微積を使わないわけではないので、導入の導入くらいまでなら学ぶことができる。
  • 以下講師についての軽い説明。

椎名泰司

  • かなり解き方重視である。
  • 他の講師と違って全くと言っていいほど微積は使わない。
  • ただ、質問対応は丁寧で授業後に少し残ってくれるので質問しやすい。

坪倉祐一

  • 進度は遅めだがかなり丁寧にやってくれる。
  • 面倒見もよく優しい。
  • 物理に苦手意識があったりする人はオススメではある。

溝口真己

  • 授業は可もなく不可もなくといったところ。
  • 物理特講や物理α「最新入試!」なども受け持ってるためか、微積物理を使って基本事項の解説をする。
  • 問題解説では解き方重視である。
  • 声が小さいかつ、モゴモゴ喋るので聞き取りづらい。そういう点ではあまりオススメとはいえないかもしれない。