茂木誠

Last-modified: Tue, 28 Feb 2017 20:38:20 JST (120d)

茂木 誠(もぎ まこと)は駿台予備学校世界史科講師、N予備校世界史講師。3号館池袋校大宮校に出講する。

授業 Edit

  • 自身のiPadをプロジェクターで映し、視覚的なわかりやすい授業を展開する。
  • 師の授業の大きな特徴のひとつとして、東大、一橋、外語大など上位国公立向けの授業では、宿題や休み時間の作業として授業の内容に関連した90~120字程度の論述問題を生徒に解かせる。その度毎に2名程度の答案をスクリーン上に映し添削。講義を受けながらにして論述問題へのアプローチを会得することができる上、他の人の答案を見る機会にもなる。
    • 稀に論述の字数制限が適当で無かったり、要求に答えていない回答も丸にされることがある。
  • 講義では時に歴史上の人物になりきった寸劇を行う。わかりやすさは逸品。印象に残りやすい。
    • 中には「無駄話が多過ぎる」と非難する生徒もいるが、師に言わせれば「無駄話 (≒物語)」こそが歴史の本質であり、事実の列挙はただの「年表」に過ぎないと説いている。
  • 長らく渡辺幹雄師との2人で東大世界史を担当している。
  • 季節講習では、独自の地政学的アプローチを駆使した周辺地域史が名物講義である。
  • プリントも配布するがあくまで自習用であり、授業中に扱うことはあまりない。師の授業は歴史の大きな流れに力点が置かれているため、細かい知識を補えるようにとの配慮である。
  • 師が出講している校舎の受付には師の授業が吹き込まれたCDが置かれており、校内生なら誰でも借りることができる。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期

世界史FA-必出文化史&社会経済史最終チェック-(大宮校)

直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 大学入試で失敗、浪人時代に予備校講師の授業が大変面白かったためこの仕事に興味を持ったらしい。
  • 小学校一年生から浪人生まで、あらゆる年代の指導歴を持つ。
  • かなりの博識で、世界史のみならず日本史、科学、哲学、文学、言語学、兵法などにも明るく、ホームページや時に授業で発揮される。
  • 講習では『キャンペーン』と称し、自身の著書の購入者に世界史のセンター問題集をプレゼントしていることがある。
  • 右寄りで、その思想はブログで発揮されている。このことを大島師がネタにする。
  • 渡辺幹雄師を始めとする一部の講師や職員からは“もぎちゃん”の愛称で親しまれている。
  • 書籍を多数執筆。世界情勢、経済学、地政学を世界史的見知から解説しており、その内容は高校生でも十分に理解可能。正に名著である。
    • 予備学校で教鞭をとる傍ら多く執筆活動を行う動機として、本来歴史とは過去を学ぶことでそれを現在、未来の考察に応用することが重要であるのに、授業で時事問題に触れることができる時間は少ない。その歯痒さの吐け口だと述べている。
  • 2015年春以降、炭水化物を一切取っていない上に、毎週日曜日に断食する生活を送っているらしい。(中年太り防止?)
    • カレーが食べたくなった時はルーだけ注文する。
  • 高校生のときは天文部に所属していたらしい。

ホームページ Edit

  • 自身のホームページを所有しており、前述のプリントや授業録音ファイル、一問一答プリント、論述の模範解答などといった世界史の教材が数多く無料で配布されている。

著書 Edit

  • センター試験 世界史B よく出る過去問トレーニング
  • 9割とれる 最強のセンター試験勉強法
  • 経済は世界史から学べ!
  • 世界のしくみが見える世界史講義
  • 世界史を動かした思想家たちの格闘
  • 世界史で学べ!地政学
  • ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ