英単語特講

Last-modified: Mon, 20 Feb 2017 03:49:34 JST (218d)

竹岡広信のオリジナル講座

設置校舎 Edit

オンデマンド

テキスト Edit

  • 非常に分厚い。全て予習するのはかなり時間がかかる。
  • テキスト中の短文を収録したCDがついてくる。

授業 Edit

  • レベル:4-9
  • 単語を語源から解説し暗記を極力排することが狙い。また、単語の使われ方などの説明もあるので英作文にも有用。
    • ひたすら単語の授業。本当に英単語しか扱わない。ポイント解説&自習テスト
    • 丸暗記が苦手で単語が入らない生徒には為になるが、語源も覚えなければいけないので暗記量はむしろ増えるという面もある。
    • 師が通期で強調するように「使える英語」に焦点が置かれているため読解のみならず英作文にも役に立つ。
    • この講座は、2011年度までの『英単語のエッセンス』を改訂したものである。
  • 授業の核心部分を口頭説明ですませることもあるのでメモ必須。
    • 口頭説明が多いので、適宜メモをする必要がある。メモしないと受講して得られる内容は半減するだろう。
    • 特に単語の持つイメージや単語の意味は必ずメモしておくこと。
    • 単語の意味は後で隠せるようオレンジペンなどで書くなどすると良い。
  • CDが付いて来る。その単語が使われたテキストの短文が読まれるもの。
    • 以下、CDの使い方に関するアドバイス。参考にしよう。
      • 単語そのものを一つずつ読んでくれる訳ではないので復習する際読んでいる文を同時再生するか、再生と同時に訳例を見るなどすると良い。
      • CDは1時間で全英文を言ってくれるので、復習が終わった後はCDを携帯音楽プレーヤーに入れて再生し、CDの音声に合わせてマンブリングしたり、CDが読み上げた英文の和訳を考えたりすると英単語が英文ごと効率的に覚えられるので良い。
  • 授業の受け方のアドバイスとして以下のようなものがある。参考にしよう。
    • テキスト冒頭に全部訳出してくださいと書いてあるが、全部訳出しようとすると予習量がとてつもなく多くなるので、時間のない人は予習テキストに載っている文や単語の内、分からない単語を辞書で調べておき(my単語帳にメモるのもあり)、文の意味を考えておいてから授業を受けると良い。
    • 授業ではノートorテキストに板書事項を書き込んでいくと良い。ノートに板書する際はテキストの左ページのコピーを左ページに貼り付け、右ページはテキスト右ページのコラムのコピーと、視聴初日に配られる訳例のコピーを貼り余白を板書用として空けておくのが良い。
    • 授業ノートやテキストはこのままだと和訳が書いておらず単語帳として使いにくいので、右ページに初日に配られる訳例をコピーして該当ページの部分を切り取り張り付けておくと講習後にも単語帳として使えるので良い。