自由が丘校

Last-modified: Fri, 07 Jul 2017 17:38:20 JST (47d)

〒152-0035

住所:東京都目黒区自由が丘1-3-19

電話:0120-16-2418

自由が丘校について Edit

  • 地上4階地下1階建てであり、かなり小さい校舎である。自習室フロンティアホールは地下一階にある。
    • 4階へと通じる階段には立入禁止の文字。教材置場に使っている模様。
    • 普段のお茶の水校の大教室に慣れていると、その教室の小ささに驚く。(最小30人ほど)
  • 現役生専用校舎である。それゆえ生徒数が少ないが、その分生徒と職員、クラスリーダーの距離が近い。
    • クラスリーダーは殆どの場合担当クラスの生徒の名前を完璧に覚えて下さる。自習室の常連になると職員の方までもが名前を覚えて下さる。
      • たかが名前、されど名前。覚えてくれることによる信頼感は大きい。
  • 開館時刻は平日土曜が13時、日曜でも10時なので注意が必要。
  • 講師の質は悪くはないが、やはり御茶ノ水などに比べると劣る。だが東工大が近いからか、理科は御茶ノ水における人気講師が出講する。高3スーパーα物理森下寛之師が、同化学は吉田隆弘師が担当する。彼らは季節講習でも出講するので、穴場となる。
  • その他英語の竹井師、数学の清師、漢文科の宮下師、化学科の橋爪師なども出講する。
  • 2017年6月(全校舎休館日)のメンテナンスで床材が張り替えられ、床が眩しくなった。

設置クラス Edit

高3 Edit

スーパーα Edit

スーパー・ハイレベル Edit

高2 Edit

スーパーα Edit

スーパー・ハイレベル Edit

高1 Edit

スーパーα Edit

スーパー・ハイレベル Edit

設備 Edit

フロンティアホール Edit

  • 開放自習室がないため(日曜日は空いてる)、専用自習室が苦手な生徒はここで自習することになる。それゆえ他校舎のフロホとは違ってあまり騒がしくなく、話してる人の方が目立ってしまうほどである。
    • 高卒生の授業がないため、平日は授業をとっている人は15時から授業教室への入室が可能。
  • 校舎自体小さいため、フロホも小さい。
  • 校内唯一の自動販売機が設置されている。販売物は飲み物だけである。
  • エレベーターは無い。
  • 自習室は冷房の設定によって寒暖差が激しいが、フロホは程よく涼しい。

自習室 Edit

  • フロホと同じくかなり小さい。席数も36席と少ないため、平日の授業前はほとんど満員となる。
  • 低反発のクッションが置いてある。
  • 時折かなり暑くなる。