立川校

Last-modified: Fri, 24 Nov 2017 15:05:40 JST (18d)

〒190-0023

住所:東京都立川市柴崎町3-5-17

電話:0120-09-2418

特徴 Edit

  • 駅から非常に近いが、広告にある1〜2分というのはさすがに無理がある。
  • 2014年度に旧校舎から移転した新校舎である。よってトイレは非常に綺麗である。
  • 教室などは基本的に他校舎より狭い。
  • 桐朋学園、立川高校、国立高校の生徒が多い。
  • 一橋大学に近い校舎なためか、一橋の対策講座に所縁のある武富師、内野師、大木師といった実力講師陣が出講する。また直前プレには小林師、鹿野師らも出講する。
  • それに付随する形なのか東工大の講座もそこそこ充実しており、直前プレには雲師が出講する。ただ通期はそこまで恵まれているとは言えず、立川校に出講しているにも関わらず、東工大の青本の執筆者の1人であった井龍師や御茶ノ水や横浜で通期の東工大コースや直前プレを担当する成島師は何故か立川校の東工大コースに出講しない。(成島師に至っては立川校の東工大コース以外の全ての高卒理系コースに出講するのにも関わらずである。)
  • 用務のリーダー格の人に校舎の誰もが頭が上がらず、影の校舎長とまで言われている。授業後、生徒が全員板書し終わるのを確認するまで絶対に黒板を消さなかったり、ゴミ箱の確認等も非常に丁寧にして頂けるので校舎の誰にも親しまれている。
  • 模試毎に成績上位者を張り出すのだが、授業にあまり出ていない(と思われる)生徒を意図的に成績上位者の掲示から削除しており、公平性に欠けているという指摘もある。そのような生徒が成績上位に多い場合は掲示すらしないのではないかという疑念もある。

設置コース Edit

高卒コース Edit

理系 Edit

文系 Edit

現役フロンティア Edit

設備 Edit

フロンティアホール Edit

  • 飲み物の自販機とアイスの自販機が1つずつある。
  • 狭いためにほとんどの高卒生は昼食などは教室でとる。
    そういった事情もあるので16:00〜18:00の間は現役生優先になる。
  • 進学情報ルームも兼ねており奥の方の本棚には赤本青本が置かれている。
    • 高校に比べると、ただ、そんなに古いのまで置いてるわけじゃない。2000年代はギリあるかなくらい。
  • Benesseとかのセンター対策の雑誌もある。

自習室 Edit

  • 6階、5階、2階、そして隣の建物に指定席自習室があり、開放型自習室も日替わりで開放している。指定席自習室の受付は1階にある。ただし、2階(21席)は現役生専用である。
  • 5階の自習室は3人席が使い辛い、隣の建物は机が揺れるなどと言われており、基本的に6階に生徒は行くことになる。
  • 自習室で図画工作をやっている強者が定期的にいる。自習室全体にチョキチョキはさみの音が響きかなりうるさい。

イベント Edit

センター試験対策特別授業 Edit

立川校で実施。高校3年対象で無料
センター英語は鈴木海太
センター数学Ⅰ・Aは奥本望
センター数学Ⅱ・Bは手島史夫
センター現代文は飯島好文
センター古文は小向寿宏
が担当。数学以外は2講座用意されている。50分×2コマ

校舎周辺 Edit