直前講習/直前Ⅰ期/ファイナルアタック講座

Last-modified: Wed, 30 Aug 2017 23:09:37 JST (84d)

ファイナルアタック講座について Edit

  • センター対策や私立大対策のための講座。ほとんどが講義からなる。
  • 私大の問題ばかりでセンター対策にならないものも多い。
  • 発音・アクセントや理系の地歴公民、文系の理科などセンターでしか使わないものは受講価値があるかもしれないが、十分対策できている分野を改めて取る必要はない。
  • 霜栄師の「現代文FA-炎のセンター-」や漢文、理科基礎は50分×3コマ、それ以外は50×6コマ。
  • FAと略して表記されることがある。
  • 講義のみなので予習の負担が大きい。この時期は(特にセンターは)演習がものをいうので、なるべくこの講座はとらないほうがいい。(とるなら苦手でどうしようもないOR9割で安定したが満点がとりたい人)
  • 当たり前であるがファイナルアタック講座を受講したからといってセンター試験の点数が急激に上がるわけではない。
    • この講座は直前に切羽詰まった人が取るものではなく、むしろ今までやってきた人が最後に基礎・基本に抜けがないか確認し、やってきたことをセンター試験に焦点を合わせるための講座である。
  • 現代文FA-炎のセンター-」や漢文FAは演習メイン。FA講座の唯一の例外といえる。
  • 「ファイナルアタックなんて別に伝統のある名前でも何でもないんだけどねぇ、どっかの職員が勝手に決めたのがいつの間にか定番みたいになっちゃったんですよね〜〜大体最後の攻撃ってもう終わりだって感じだよなぁ!」-福井紳一
    • 「ファイナルアタック」という名前は元々大島保彦師、斎藤資晴師、薬袋善郎師ら3人が当時ベテラン講師に負けじと画策して作った講座だそう。(それぞれ役割分担して英語ファイナルアタックⅠ、Ⅱ、Ⅲとして開講したそうで、大島師は発音アクセントを担当し、これが今の英語ファイナルアタックⅠとして残る。)他の候補として「伊藤英語の弱点」「駿台英語の盲点」もあったそう。商標登録していなかった為、いつの間にか駿台に名前を取られたらしい。(大島保彦師談)
    • 「福井ってファイナルアタックって名前嫌いらしいんだけどねぇ、あいつ終わるのが嫌いなんだよ。だからあんな授業延長すんだよ!」-大島保彦
  • 苦手科目はファイナルアタック(講義中心)、得意科目はセンタープレ(演習中心)というのも一つの目安として参考になる。

講座一覧 Edit

英語

数学

国語

理科

社会