町野一郎

Last-modified: Sun, 10 Sep 2017 10:14:13 JST (37d)

町野一郎(まちの いちろう)は、駿台予備学校英語科専任講師。札幌校に出講。

授業 Edit

  • 師は文法や構文よりも語彙力(ボキャビル)を一段と重視した一種の革新的でありeccentricな授業を行う。
  • 札幌校夏期講習・冬季講習では師のオリジナル講座の†ハイパワード・ボキャビルギア†が開講されている。
  • 通期の授業では3回に1回は復習プリントと称したテキスト本文を一部そのまま抜粋した自作の和訳プリントを授業中10分で解かせる(なお駿台予備学校の授業はお節介なことではあるのだが50分である)。駿台生は授業後は予習復習で忙しいため少しでも授業で復習の手助けをしたいという師の優しさである

担当授業 Edit

通期

  • スーパー英語(読解)
  • ハイレベル英語(文法・語法)
  • 医系英語
直前Ⅰ期
  • 英語ファイナルアタックⅣ-センター-第4問目・第5問対策-
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 駿台で講師をなさる前はアメリカ合衆国で「Disk Jockey」をなさっていたらしい
  • 師の雑談はとても「面白い」
  • 授業では師の使ってるマイクに鼻息が乗ってしまいとても賑やかである
  • 師は授業中での咳払いの回数がかなり多いがこれもまた師の授業が賑やかである要因のひとつである。
  • さらに、授業が終了し、退室する際に、ヘットセッドのマイクをオフにし忘れることがしばしばあり、授業が終わっても賑やかである。
  • 2017年 北海道大学青本から英語の編集チームに師が加わった。
  • 上述の通り師は夏期講習では駿台予備学校札幌校出講講師の中で一番多い10講座(これはあの景安師よりも多い)を担当しておることから札幌校教務課からの「信頼」が如何に高いかがわかる。
  • 師は駿台札幌校の出講師の中で東京進出が期待されている講師である。
  • 1996年に代ゼミから移籍してきた
  • 髪型などから、オネエ疑惑が絶えない。かつて、物理科の佐々木師が新人だった頃、よく世話をしていたため、「町野は佐々木を狙っている」という噂が流れたこともあるらしい。
  • 「誰とは言いませんけど」と言って、言う。