田中和宏

Last-modified: Tue, 26 Sep 2017 18:57:42 JST (76d)

田中和宏(たなかかずひろ)は、駿台予備学校 公民科講師(政治経済)。市谷校舎千葉校津田沼校などに出講。

経歴 Edit

授業 Edit

  • 重要事項を板書しつつ進める。
    • 特にセンター倫政では、量が多い割に授業数が少なく、時間がないの承知の上だがやはり生徒が"書く"ことによるメリットが多いため板書する。
    • そのため、暗記分野は「これは皆さんが覚えることです」と授業では扱わないので非難されている。
    • また、板書に関しては字は綺麗なものの、用語の羅列に等しいので自分なりにまとめなければよい。
  • 浜島書店の最新図説政経は必須。
    • 特に図に関してはテキストは見にくいため、この資料集を頻繁に参照するためである。
  • 授業の出席率はあまり良くない。

担当授業 Edit

通期

夏期講習

冬期講習

直前講習

直前Ⅰ期

人物 Edit

  • 不思議な世界観を持っておりそこから発せられる言葉はハマる人にはとことんハマる。ツイッターもやっておりネットなどの時事ネタに強く時折雑談などに出てくる。ちなみにアカウントはこちら→@kazelectric ただし人によっては(より正確に言えば読者が抱いている思想によっては)不快感を感じるかもしれないので注意を。
  • また他の駿台講師同様、現政権には批判的な姿勢を見せる。ただ受け取り方には個人差があるため人によっては押し付けられているように感じる。
  • マクドナルドをマクドと略す。
  • 高校受験対策の社会も教えている。
  • 市谷校舎の政経の授業にて,有限責任社員の説明のときに,師自身の,友人数人と有限会社を設立した経験を話してくださった。運営の先行きが危うくなり,友人たちが次々に抜けていき師1人だけになってしまい,とうとう3000万円の借金を背負うことになってしまったのだそうである。そんな時に,新聞の広告で駿台が講師を募集しているのを見て,採用試験を受けたところ,多数の応募者の中から師1人だけが,見事に採用されたそうだ(後に,筆記試験も模擬授業審査も,ずば抜けて良かったと言われたらしい)。会社運営の経験により筆記試験がとても簡単に感じられ,会社での接客の経験もあってトークが上手かったので,模擬授業では「君,初めてなのに慣れてるね~」と言われたのだそう。
    以上の話をなさった後に,師は,「人生何が身を助けるかわからない。『芸は身を助く』って言うよね。あっ,たすく って先生いるけど違うよ。」続けて,「人生で思うようにいかないことがあっても,絶望しないでほしい。私は,君たちが100%医師になれるとは保証できない。もし医師になれなかったとしても,決して嘆かなくていい。」とおっしゃった。