江幡武

Last-modified: Fri, 22 Dec 2017 19:39:55 JST (153d)

江幡武(えはた たけし)は、元駿台予備学校物理科講師、仙台校に出講。東北大学理学部教授、同教養部部長を歴任し、同学名誉教授。専門は素粒子物理学。

授業 Edit

  • 前期のみ開講しており、土曜日2コマであった。
  • 講師としては、あまり教え方は上手くはなかった。
    • しかし、元教授であったので、教養や教授の点から見た入試の面など、様々な話が聞けた。
  • 質問には丁寧だった。

担当講師 Edit

人物 Edit

  • 大学退官後、仙台校にて、毎週土曜日に前期のみ特設単科を持っていた。
  • 満州国出身である。
  • 戦後、日本にやってくるときの話など人生経験豊富な方である。詳しくは、自伝を書かれているのでそちらを参照するとよい。
  • 2013年度の前期にて、引退なさった。
  • ノーベル賞を貰う最大の条件は長生きすることであると仰っていた。