桑原冬樹

Last-modified: Fri, 01 Sep 2017 00:51:45 JST (46d)

桑原 冬樹(くわばら ふゆき)は、駿台予備学校 数学科講師。市谷校舎池袋校に出講。

授業 Edit

  • 授業開始時に政治や社会問題についての雑談を必ずするが、ウケはよくない。正直必要ないと思っている人がほとんどであろう。
  • 予習はしているが、綿密ではないようで授業中にわからなくなったり、板書の途中で考え込むことがある(予習してきたプリントを見ているという目撃情報あり)。
    • 2016年度の市谷校舎の授業において「この問題、わからないな~」などと発言して、問題の解説が途中なのにもかかわらず、授業をやめて講師室に戻ってしまったことがある。後日、謝罪した。
  • 計算ミスが非常に多い。
  • 授業は主に解き方重視だが、内容は薄い。
  • 市谷校舎で師が担当するクラスでは、後期に独自で作成した私大医学部の出題傾向をまとめたプリントを配る。
  • 声が小さいので、聞きずらいことがある。
    • このことの関して、よくアンケートに書かれるのだが、本人は直す気はないようだ。
  • 以上から、授業中にわからなくなって考え込んでしまうことがよくあるうえに、計算ミスが多く、内容も大したものでもないので、授業を切る人や他の講師の授業に潜る人や内職をする人なども少なくない。

担当授業 Edit

通期

人物 Edit

  • 声が聞き取りにくい。
  • 口癖は「何が何だかわからないな~」「もうめちゃくちゃだ~」
  • 実は、駿台予備学校でかなり長年授業をしている。
  • 以前はパンフレットに写真を載せていなかった。