東大プレ理系数学演習

Last-modified: Sat, 08 Apr 2017 08:27:43 JST (103d)

設置校舎 Edit

担当講師 Edit

小林隆章(お茶の水、大宮、津田沼、仙台)、雲幸一郎(横浜、札幌)

テキスト Edit

  • §0 問題一覧
  • §1 第1問の予想問題
  • §2 第2問の予想問題
  • §3 第3問の予想問題
  • §4 第4問の予想問題
  • §5 第5問の予想問題
  • §6 第6問の予想問題

授業 Edit

  • 一日目は3コマ通してテキストの解説。二日目は東大本番と同様150分間の演習を行った後、20分の講義がなされる、と時間割にはかかれている。
    • 実際は試験終了後、小休止を取った後に問題の講評を50分近く行う。実質ハイグレード状態である。
  • 予想問題は易し目に作られているそう。
  • 解説はかなり駆け足になるので、小林隆章師は「自分の普段のスタイルではなくなる」と仰っていた。
    • 事実、師の「一問を深く解説する」というスタンスは鳴りを潜めている。