杉本忠身

Last-modified: Sun, 31 Dec 2017 20:44:11 JST (17d)

杉本忠身(すぎもとただみ)は、駿台予備学校化学科講師。市谷校舎に出講。

授業 Edit

  • 基本的なことを説明してから、テキストの問題を説明する。
  • 授業中、テキストに出てくる薬品のサンプルを回すことがある。
  • 淡々と授業をするため眠くなることもある。
  • かなり基本的なことから説明するので非常にわかりやすい。
  • 質問にもかなり親身に答えてくれる。
  • 基礎クラスを担当することが多い。
  • かつては、池袋校横浜校スーパー東大理系を担当していた。
  • 世代的に近い三國均師、小倉勝幸師、石川峻師といった、往年の名物講師に比べられると地味だが、いい先生である。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • ふたコマ連続の授業だと、合間の休憩時間には講師室には戻らず、教室の端っこで用務の方が黒板を綺麗にしているのを眺めていたり、廊下の掲示物を眺めていたりする。
  • かなりお年を召しておられるように見える。
  • 2017/2018冬期講習にて、体調を崩した井龍秀徳師の代講として急遽京大化学を担当した。すでにセンター試験が2週間前に迫っており直前Ⅰ期への移行期間であったため、もともと薬農獣医系化学でお茶の水に出講予定があった杉本師が埋め合わせるしかなかった模様。

著作 Edit

学習参考書 Edit

  • 『基本から学べる化学IB・II―大学入試攻略 (駿台受験シリーズ)』
  • 『お医者さんになろう医学部への化学 (駿台受験シリーズ)』