朝霞靖俊

Last-modified: Fri, 06 Oct 2017 16:09:45 JST (10d)

朝霞靖俊(あさか やすとし)は、駿台予備学校生物科講師。2号館,8号館,横浜校,大宮校,札幌校に出講。

経歴 Edit

  • 北海道深川市出身
  • 北海道大学獣医学部卒業。
  • 獣医師資格を保有

授業 Edit

  • 授業は師オリジナルの書き込み式プリントを中心に行われる。内容は師が重視する教科書的な知識から発展的なものまで幅広い。(このプリントは生命科学系の学部に入った人は大学入ってからも使えるので取っておくとよい。変な大学の教科書よりも使い物になる。)
  • 生徒が納得するまでかなり詳しく、深い内容まで解説してくださる。その分大半の授業で延長し、師自ら「駿台の延長王」を自負している。但し、あくまで「尻切れトンボ」になることを防ぐためであり、無駄話でダラダラしているのではない。(むしろいただいているお給料は変わらないのに自分たちの理解のために延長してくださっている と感謝すべし)
  • 毎年年度頭に生物の勉強法なるプリントを配って下さるが、参考書ではなく、教科書を重視した学習をするよう、太字でものすごく強調なさる。
  • 毎年高卒クラスのレギュラー授業では、神経系の授業になると、授業中教卓に登って座り、膝蓋腱反射のデモンストレーションをしたり、耳の授業ではモスキート音が聞こえるか否かをやってたりする。
  • 夏期講習前には自身が受け持ってる講座のプリントを配布する他、どのように講習期間を過ごしたら良いかアドバイスを下さる。また、勉強のやり方もアドバイスして下さるので聞いておくと良いか。
  • 質問の応対は大変丁寧である。

担当授業 Edit

通期

直前I期
直前II期

人物 Edit

  • 関東生物科のトップ講師であるにもかかわらず、何故か3号館市谷校舎の出講が無い。
    • 2012年頃までは市谷に出講なさっていて、実験考察問題に関する特設単科講座も開講していた。
  • 生粋の道産子であるため、東京での授業は季節を問わず半袖で行うことが多い。
    但し、同じく半袖姿が多い化学科の景安聖士師曰く、「私と彼が特殊なだけ」とのこと。
  • 常に多くの仕事を抱え、新しい授業や教材の開発で多忙なためか、誤植や解説の間違いが多い。
  • 大の甘党らしく、師のtwitterには菓子、果物類の写真が度々投稿されている。また、口にする物には色々こだわりがある様子。
  • 化粧品会社などのエセ化学、エセ生物学による宣伝が大嫌いな模様。 「肌の奥まで染み込むって言いますけどね そういうものが染み込まないように皮膚はできているんです」
  • Twitterアカウントは@asakayasutoshi
    • 他の駿台講師にもれず反体制的ツイートが多い。
    • ただ基本的には食事のことなどや面白いツイートである。

著書 Edit

  • 『解説が詳しい生物I・II頻出重要問題集』(旺文社)
  • 『お医者さんになろう 医学部への生物』(駿台文庫
  • 北海道大学の青本(生物の部分)