早野益代

Last-modified: Mon, 24 Jul 2017 23:44:48 JST (85d)

早野益代(はやの ますよ)は、駿台予備学校化学科講師。1号館,2号館,3号館,市谷校舎,自由が丘校,立川校,横浜みらい校,津田沼校に出講。

授業 Edit

  • よくまとまっているプリントに書き込んでいくスタイルである。
  • やや早口。
  • 眠そうな生徒がいると肩を叩いて起こしてくれる。
  • 眠気が襲ってくる(集中力が切れる)タイミングで雑談を挟んでくれるのでそこで目が覚める。師曰く「プリントに全部まとまってるからせめて穴埋めだけは今頑張って!」とのこと。
  • テキストでは足りないと師が感じた分野に関してはよく追加問題を持ってきてくださるが、ほとんどが東工大の問題である。
  • 東工大のアクセントは
    東↑こ↑う↓大↓
  • 化学特講Ⅰ(計算問題)では、平常授業で扱うものと同じ形式のプリントを使用する。テキストの解説中心ではあるが、プリントを用いて基礎事項もしっかりと確認してくださる。
    • 通期で師の授業を受けていて前期の復習がしっかり出来ている者にとっては、1,2日目には少し退屈に感じる時間もあるかもしれないが、当然ながら後半はかなりハードである。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 東京理科大学 理学部応用化学科卒
  • Z会講師
  • パンフレットの写真がHKT48の指原莉乃に多少似ている。
  • 登山が趣味らしく、先日モンブラン登頂を果たしたらしい。
  • 子供の頃は、虫めがねで光を集めて蟻を殺していた。
  • 水溶液の濃度の話をする際は濃縮還元ジュースを頻繁に例示する。
  • 友人と趣味のビリヤードによくいくが、いちいち反発係数がどうとか言っていたら、誰も来てくれなくなったらしい
  • 親戚の子供に風船を買ってあげる時、その子がデザインで選んだ風船ではなく、その時の気圧や温度、風船の体積をら考慮して、出来るだけヘリウム分子の多い風船を買い、得した気分になったそうだ
  • 東大入試実戦模試の化学の作成に携わっている。
  • 東工大入試実戦模試の化学の理論分野の作成に携わっている。