数学研究SS

Last-modified: Sun, 04 Dec 2016 17:36:35 JST (170d)
  • テキスト作成者は小林隆章
  • 問題はその年の旧帝大及び早慶大系の入試問題で構成される。
  • スーパー東大理系演習コース、スーパー東北大理系コース、スーパー早慶大理系コースを除く理系スーパーコースで前期に用いる。
  • XSやZSのような基幹教材とは異なり、前期から演習力の強化をメインとした教材である。そのため授業は問題解説が中心となり、誰が担当しても他の教材に比べて解説が浅くなりがちだが、先ほど述べたように他教材と編集目的がそもそも違うため仕方がない。
  • 上記のテキスト編集理由もあり、このテキストは予習メインで取り組むべきである。(基幹教材は復習に力を入れるよう推奨されている。)
  • 前期では主にその年の入試問題の中から典型的な問題の演習が積めるように編纂されている。