数学エクスプレス〈入試数学の盲点スペシャル編〉

Last-modified: Tue, 01 Aug 2017 16:46:27 JST (114d)

小林隆章のオリジナル講座

  • レベル:8-9
  • 東大、京大、東工大、旧帝大医学部志望者で周りに差をつけたい人向け。
  • 整数問題・立体感覚を要する問題・評価(大小設定)などⅠAⅡBⅢという分野に限らない難関大で狙われる頻出かつ差のつく範囲を扱う実戦的な講座。テーマごとに体系化された構成で、入試数学の盲点ほどではないが、数学の根本から学ぶことのできる講座でもある。
    • 整数問題をかなり扱う珍しい講座のため、整数問題が出る大学を受ける人にはいいかもしれない。ただ、問題数はかなり多いので予習もかなり大変。
    • 描図も多い。図を写すのに気を取られて置いていかれないよう注意。
  • 毎日一限はテスト演習で他の講座に比べ負荷をかけて総合的な実戦感覚を磨く事が出来る。
    ただ一部のテストは時間の都合上予習課題となることもある。
    • 2017年度は3,4日目のテストを前日に配布し、一限から講義を行なった。
  • 分野を横断しているので講座レベルは高く設定しているが、各問のテーマを掘り下げる性質ということもあり、解くこと自体は難関大なら標準的なものが多い。もちろん自習題を中心に難しい問題も多いが、講義問題は予習段階で半分以上解けるのが望ましい。
    • 一見典型題だが方針の選択を誤ると行き詰まるものや、背景を研究すると原理が明らかになるものなど、一つの問題で広い範囲を確認できる良問が揃っている。
  • 補充問題には一部後期のテキストと被る問題がある。
  • かつては入試数学の盲点Sという名称で開講されていた。
  • 約30分の延長が目安。テストは解き終わったら他のことをしていても良い。