小川香月

Last-modified: Thu, 12 Oct 2017 22:56:59 JST (11d)

小川香月(おがわ かつき)は、駿台予備学校現代文科講師。札幌校3号館に出講。

授業 Edit

  • 現代文(センター対策)の授業でも、まずは「読み取った(筆者が)言いたいこと」をつなげて自分で解答を記述し、選択肢を見てその言い換えとなっている物を選ぶように指導する。
    • そのため答えでない選択肢の「間違っている理由」を聞かれると「記述の言い換えでないから」という一つの答えが返ってくる。
    • 予習の時にこの記述解答を書いてこない生徒のことを総称して「凡人」「俗」と呼び、「俗は平均点だよ?君たちは満点を取るためにそこに座っているんじゃないの?」と叱咤激励なさる。
  • 板書はあまり読みやすいとは言えないが、予習をしていて話を聞いていれば理解ができるようになっている。
    • 書いている字を声に出しながら書くので多少読めなくとも問題はない。
  • 板書している時以外はかなり早口で授業をなさるので、本文中にチェックする部分を確認しているうちに次の文に入っていることもあるが、慣れればどこにどんなチェックを入れるのか分かるので大した問題ではない。
  • 授業中に生徒を指名する時は基本的にランダムに指名する。最初に指名されるのは最前列の確率が高い。
    • しかしそう思って油断していると「後ろが気を抜くといけないから」と言って最後列まで歩いて行って指名することもある。
  • 授業中の居眠りは禁物。眠たそうにしている生徒を見かけると、ほぼその個人が特定できるような服装などの特徴を言い、それでも反応がないと「わかってる?君だよ?」と直接呼びかけることもある。
    • そうなる前に、「眠かったら水分補給して、こっそりフリスク食べて、頑張ってあと〇〇分がんばろう」と注意喚起なさる。
  • 予めテキストをコピーしてそこに予習をするように最初の授業で仰られる。
    • 尤も、仮にテキストのコピーに予習をしていなくても、それを指摘して咎めたりはしない。あくまでも「推奨」という感じだと思われる。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 非常に健康的
  • シラコが大嫌いでそれを見ると脳みそを連想してしまうそう
  • 分かる人にしか分からない良さのある講師である
  • 「絶対100点取らせたいの!!でも私が超えられない一線があるよね?家だよ。君たちの家に行こうか?お菓子とご飯用意してくれれば行くよ?」などと本気で言う
  • 授業中の話を聞いていると講師の中では厳しめな感じがするが、そんな事はなく「悩んでたり、行き詰まってたりしたら、ちゃんと相談しに来るんだよ?」と仰るので相当面倒見がいいのは言うまでもない