夏のセンター現代文の攻略

Last-modified: Fri, 12 Aug 2016 23:57:53 JST (492d)

設置校舎 Edit

テキストについて Edit

  • テキスト監修は≪講師名≫

授業について Edit

  • 同講座の各講師の出講校舎ならびに特徴を下記に記載

飯島好文
お茶の水校,立川校を担当。

  • 他の現代文科講師と同様に文章の論理関係の把握を重視する読解だが、他の講師よりもより細かく文章を精読していく授業が特長。そのため現代文が苦手な人でも授業を受けやすい。
  • 数種類のマーカーやペンを用いて文章を分析し、その対比関係等を重視して設問を解いていく。
  • 精読する分、板書量がかなり多くなる点には留意したい。

池村伸二郎
町田校を担当。

今井愛子
お茶の水校,池袋校を担当。

岩科琢也
津田沼校,柏校を担当。

小川香月
札幌校を担当。

加藤平八郎
仙台校を担当。

小池ひろえ
お茶の水校を担当。

  • 文章の論理と構造を把握することを主眼においたオーソドックスな読解をする。
  • 授業はプリントを用い適宜板書で補足していく。プリントは本文の分析と設問の解説の二種類が基本。プリント主体の授業だが密度が濃く、読解の基礎から文章の背景知識に至るまで1問を徹底的に語り尽くす授業となる。
  • 延長は必至。1限がテスト演習の際はHG化する。

多田圭太朗
お茶の水校,あざみ野校オンデマンドを担当。

平井隆洋
お茶の水校,大宮校,横浜校,藤沢校,千葉校,津田沼校を担当。

平野豊雄
吉祥寺校を担当。