原志保

Last-modified: Tue, 23 May 2017 23:10:00 JST (90d)

原志保(はら しほ)は、駿台予備学校英語科講師。町田校,横浜校,あざみ野校,藤沢校に出講。

授業 Edit

  • 「それでは始めましょう。皆さん、こんにちは。」と言って授業が始まる。
  • 構文の授業を主に持っている。
    • 余談だが本人は読解はあまり得意ではなくその解説に自信は無い、と仰っていた。
  • 書き込み用のプリントを用意し、それに書き込む形式である。。
  • discourse markerをかなり強調する。
  • 重要でない所は構文解析等しないが、大体プリントに書いてある。
  • 逐語訳ではなく文全体の流れを掴む授業展開をする。
  • 構文や入試問題研究では段落ごとの内容をまとめることが頭の中でできるようにする事を最終目標にしている。
  • 自称オバサンだが体を使って表現したりと活き活きとした授業展開をする。また、後述のように発音も綺麗である。

担当授業 Edit

通期

人物 Edit

  • 口癖は「〜なの、ね!?」
  • 大体4月~5月頃に風邪を引く。そうなったら前期終講まで治らない。
    • その時「4月の私の美しい声はどこへ行ったのかしら…」と言う。
  • 早口で言おうとするとテンプレのような噛み方をする。リアクションもノリも良く人の良さが行動から出てる。
  • 早大志望の生徒にかなり人気がある。横浜、町田エリアでは久山道彦師、斎藤資晴師、駒橋輝圭師の三本柱に次ぐ位置にいるといえる。(これらの地区は河合塾も進出しており、激戦区である。)
  • TAでは予約がほぼ取れないほど人気。
  • よく男子生徒にファンが多い。
  • もと劇団に所属していたという噂がある。そのためかとても滑舌がよく聞き取りやすい。また英文を読み上げる際の発音もとても良い。
    • それ故か、センターなどの発音アクセント系の講座を持っていることもある。
  • 10年以上前は市進予備校や城南予備校に出講していた。
  • 京大卒という噂がある(未確認)