今西晶子

Last-modified: Fri, 10 Nov 2017 00:49:20 JST (36d)

今西晶子(いまにしあきこ)は、駿台予備学校日本史科講師。1号館,2号館,池袋校,札幌校,東大進学塾エミールに出講。

経歴 Edit

  • 東京大学文学部卒業。
    • 入学時は理科一類であったが、進振りで文学部へ。
    • 師は「私はこの教科書で1行書いてあるかないかくらいのことを大学で専門にしていました(日本史前近代のテキストを持ちながら)」とおっしゃっている。
    • 高校1年から駿台の現役クラスに通い、大学時代は現役クラスクラスリーダーをつとめ、卒業後駿台の講師になった。

授業 Edit

  • 癖のある人が多い日本史科の中で癖のない万人受けする授業を展開。
  • 論述の添削を頼むと快く見て下さるなど、非常に面倒見のいい講師である。
  • 大木師と同様、高校の教科書をベースとして、歴史学の最新の研究成果を踏まえた講義を行う。
  • 私立にも国立にも対応した標準的なレベルの授業形態

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 須藤公博師を抑え、福井師とともに現役最上位クラスである高3Sα日本史や、単独でエミール日本史論述指導を担当する駿台日本史科の次期エースである。現役最上位クラスの指導を福井師と二人で行っていることから、師の実力を伺い知ることができるであろう。
  • 毎週火曜日は、1~4限を札幌校で高卒クラスを担当し、9~11限ではお茶の水校にて高3スーパー日本史を担当するほど、多忙である。また、9限前では、2号館の講師室塚原哲也師とよく話をしている。駿台文庫から日本史史料問題集を共に出しており、仲がいいようである。
  • 上記の授業一覧からわかるように、関東ではお茶の水校池袋校にのみ出講する(季節講習はお茶の水のみ)
  • 駿台教育セミナーという教員向けの講座も受け持っている。
  • 口癖は“うん”。よくこの言葉を発しながら授業をする。
  • 風邪をひいている生徒にのど飴をあげるなど、とても優しい
  • 日本史を受講していない生徒とも優しく雑談してくださることもある。