スーパー東大文系

Last-modified: Thu, 20 Jul 2017 13:41:33 JST (95d)

設置校 Edit

3号館池袋校立川校大宮校横浜校あざみ野校藤沢校津田沼校仙台校

目標大学 Edit

東京大学

スーパー東大文系について Edit

  • 名前の通り東京大学を志望するコースである。
  • ただし、中には東大コースが一番上のコース(演習を除いて)なので、他大学を志望してる人も現役の模試の結果でこのコースの認定が出ているのでこのコースに行くという人もいる。(講師の質がやはりいいから)
  • このコースに入ったから東大に入れるわけではない。結構勘違いをして勉強をしないでフロンティアホールでずっと話している人の中にこのコースの人は結構いる。
  • スーパー東大文系集中コースというのもある。これは東大に合格するための補習授業のようなもので、数学、地歴、英語、国語を徹底的に演習するものである。模試が無い週の土曜日の午前中に演習は行われる。性質としてスーパー文系に演習コースのような実戦トレーニングを組んだものである。
    しかし土曜に行うため自分の勉強時間が削られる。その上、駿台生は模試を受けるのは必須なのでさらに自習時間が減る。やりこなせる自信があるなら集中コースでもいいかもしれない。演習コースに行く自身は無いが、実戦練習もしたい受験生に最適だろう
  • 関東では理系コースよりこのコースだけの設置は少ない。スーパー東大理系コースがあるところで、スーパー東大文系コースが無いところはスーパー東大・京大・一橋大コースというコースが設置されている。
  • 実戦的な訓練が少ないので、論述を中心にしたい人は東大文系演習コースにするといい。(ただし、東大模試でB判定がとれない人はついていけない)
  • スーパー東大添削指導がついている。各科目4回、課題が出されるので、それを期限内に提出すると添削されて帰ってくる。対象は全科目。地歴は夏期課題もある。
  • 2017年よりお茶の水校に実戦演習プラスコースが開講。これは通常のスーパー東大理系に土曜日の東大実戦テスト演習が付属したコース。内容はスーパー東大理系演習と共通。無印と演習の間に位置するコースで、講義も受けたいがある程度演習もこなしたい人におススメ

授業 Edit

英語 Edit

数学 Edit

  • 数学YS
    §1から§4に分かれており、週4コマ4人の講師が分担して講義する。前期は根本的かつ基礎的内容ではあるが、後期になると難度は上がり国公立入試の過去問で構成されるようになる。数学の根幹をなすのがこの数学YSであるから、数学の学力向上のためには、このテキストをいかに使いこなすかにかかっていると言っても過言では無い。
  • 文系数学S/センター数学演習
  • 数学研究LS/数学研究LT

理科 Edit

下記から2科目選択する。

国語 Edit

地歴公民 Edit

日本史、世界史、地理のうち2教科選択する。以下は全て2コマの授業である。よって1教科あたり4コマの授業を受けることになる。