スプリーム総合化学

Last-modified: Sun, 15 Apr 2018 10:11:10 JST (5d)
  • レベル:8-9
  • パンフレットでは(大人の事情により)CORE講座となっているが、実質的には沖暢夫師のオリジナル講座である。
  • 駿台全国模試で化学の偏差値が60以上取れてる人向け。そうでない人はこの講座を取るべきではない。
  • 主に旧帝や医学部、早慶の過去問を中心に構成されている。
  • Prelude(例題的扱い、簡単な解答解説がある)、講義問題、Etude(自習問題的扱い、問題の直後に詳しい解説が載っている)の三段階で構成されている。
  • 問題の質は非常にいい。特にEtudeは物理・化学・生物の分野をまたがるような非常に面白い問題が豊富である。
  • 本人も難しいことは承知でテキストを作っている模様。
  • 理論・有機・無機の全範囲を余すことなく網羅している。逆に有機・無機をまだやってない高卒生にとっては(もちろん現役の時一通り勉強した人が多いだろうが)ちと厳しい。